日本は、人口当たりの水族館数が世界一と言われるほど、北海道から沖縄までたくさんの水族館があります。そんな「水族館王国」がもつ数々の水族館の魅力を、SNSで話題の、さかなのおにいさん かわちゃんならではの目線で解説!今回取り上げるのは、東京都にある「すみだ水族館」と、三重県にある「鳥羽水族館」です。

* * * * * * *

チンアナゴの森が見られる「すみだ水族館」

水族館の人気者チンアナゴ!独特のフォルムと水中でゆれる様子に、ハマる人続出。

開業時にはスカイツリーの高さにちなんで634匹いた彼らの現在の数は約200匹。それでも幅5.5メートルの水槽に群れているチンアナゴたちの姿は、圧巻です!

東京の下町にいながら、東京から遠く1000キロメートル離れた世界自然遺産・小笠原諸島の海を味わえるすみだ水族館。水槽を眺めながらペンギンフロートや金魚ソーダ、大人はビールも飲食できるのがうれしいところ!