コロナ禍以降、不安やストレス、運動不足などもあって、不眠で悩む人が増加したと言われます。一方、睡眠はその日の体調やメンタルなど、きわめて個人的なものにも左右されるため、一般的な「睡眠術」「睡眠法」ではなかなか対応できないと主張するのが順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生と上級睡眠健康指導士の三輪田理恵さんです。今回そのお二人に、やむを得ない時、ダメージ少なく徹夜をする方法について教えていただきました。

* * * * * * *

やむを得ない場合の上手な徹夜の方法

睡眠時間を削らないほうがいいとわかっていても、仕事やプライベートの用事でどうしても徹夜をしなければいけないときがあります。

本来であれば集中力を維持し、高いパフォーマンスで働くためにも、思いきって仕事を切り上げ、翌日に備えることをおすすめしたいところ。

でもどうしても避けられない場合は、上手に休息をとってパフォーマンスを維持し、翌日以降も疲れを残さないように工夫することが大切です。