新年を前に、福井市渕2丁目の出雲大社福井分院は23日、神殿正面の大しめ縄を交換した。青々とした稲わらで編まれた新しいしめ縄がお目見えし、迎春ムードを漂わせている。

 同院の年末恒例行事。しめ縄は長さ5・2メートル、重さ約800キロ、最も太い部分は1・3メートルで、同分院によると北陸最大という。島根県の出雲大社の氏子らでつくる「飯南町注連縄(しめなわ)企業組合」が1カ月かけて製作した。

 氏子や同分院職員ら約20人が1時間がかりで作業。「よいしょ、よいしょ」と掛け声を響かせながら高さ約4メートルの梁(はり)まで引き上げ、取り付けた。氏子の中嶋高義さん(65)は「毎年取り換えをすると身も心も引き締まる。多くの人に健やかな年を迎えてもらえたら」と話していた。

 同分院は正月三が日で約8万5千人の参拝客を見込んでいる。元日はおしるこを振る舞い、先着800人に開運お守りを配る。