JR駅構内のコンビニを運営するジェイアールサービスネット金沢(石川県金沢市)は11月15日、北陸3県の駅構内にあるセブン・イレブン9店舗で45日間にわたり、スポーツ紙2紙を10円高い価格で販売していたことを公表した。

 福井県内では、JR鯖江駅店で販売された「スポーツニッポン」の価格が間違っていた。同店では10月1日から11月14日に、1部140円で販売すべきところを150円で販売していた。期間中の販売部数は2部。

 ジェイアールサービスネット金沢は、10月の消費税増税時に、レジに改定価格を登録する際に誤ったと説明している。お客の申し出があれば購入店で差額を返却する。