福井県認定の「地域の縁結びさん」として数多くの成婚実績を上げたブライダルプロデュース・司会業の水野ひろみさん(福井県坂井市)が、電子書籍「婚活がうまくいかない男性のための本」を出版した。「婚活で悩んでいる人の力になりたい。基本的な知識を習得し、勇気と元気、やる気につなげて幸せな結婚をしてほしい」と話している。

 「紡(つむぎ)ゆう」のペンネームで7月上旬にアマゾンのキンドル電子書籍として出版した。直後のベストセラーランキングでは4部門で1位となった。県認定の縁結びとしては2013、15年度に成婚実績1位を獲得。坂井市など自治体の婚活企画も担当し、2千人の結婚のなれそめを知っているという。

 著書では、自身が携わった“成幸”事例をもとに第一印象の大切さを強調し、「褒める材料を探して言葉にして伝える」など、相手から選ばれる人になるための五つのポイントを紹介。女性が話さない「究極の女性心理」も説く。

 自身の過去を「婚活落ちこぼれ」で6年目にして結婚したと説明。ただ生活は順風とはいかず、結婚後にはうつ病になった。そこから心理学や精神療法を学び、「夫や家族との関係を見直し、感謝を伝えた」ことで10年間続いたうつ病を克服。その経験が今の活動にも生きているという。

 数々の婚活セミナー講師を務め、過去には年間100回以上の見合いセッティングを手掛けた。ただ「見合いだけをするより、選ばれる人になるよう導いた方が結婚への近道」と気づき、現在は見合いのセッティングは行わず、マンツーマンによる指導のみ行っている。

 水野さんは「イケメンでなくても、会話べたでも、年収が高くなくても結婚はできる。考え方や物事のとらえ方を変え、少しの勇気と行動力を備えることで幸せな結婚ができる」とエールを送る。