一見なんてことないバス停とそのまわりも、視点を変えれば観光資源。そんな思いで福岡市のバス停を取り上げ、ご紹介する本企画。連載73回目は、バス停の改称と変化するまちの景色に注目します。

今年名前を新たにしたバス停たち

 

1月20日に、福岡市内の6か所のバス停が改称されました。

 

 

西新パレス前は、

 

 

西新駅に。

 

 

八田踏切が、

 

 

土井駅入口に。

 

 

姪浜駅東が、

 

 

ハローワーク福岡西入口に。

 

 

お気づきでしょうか。

これまで72回の連載で取り上げたバス停が、3つもあります。

 

★西新パレス前>>バス停とともに記録を残す「西新パレス前」

★八田踏切>>西鉄バス唯一の「踏切」バス停。「八田踏切」の罠【福岡市東区】

★姪浜駅東>>反対側から乗れない「原一丁目」バス停

 

西新パレス前は、「名前が変わるかも?」という観点からの記事でしたので、予想が当たってめでたいです。八田踏切と姪浜駅東は、改称される想定などなく掲載しましたが、よい記録となりました。

 

まあ、わたくし福岡市内のすべての西鉄バス停は2022年に書籍化しましたので、記録はできているのですけれどね(あからさまな宣伝)

 

★書籍についてはこちら>>楽しみ方も1,000通り?福岡市の西鉄バス停を全て撮影した偏愛本|『福岡バス停図録』沖浜貴彦

 

 

実は結構大変な、バス停の改称

バス停の改称って、たいへんなことなのです。

 

 

そのバス停自体を更新すれば終わりではなく、

 

 

隣のバス停にも、次は〇〇という形で掲載されているものを、変更しなければならないですし、

 

 

こうやって、遠くのバス停であっても、路線図に掲載されていれば更新せねばなりません。

 

 

更新されたバス停の中には、こうやって過去の名残を消しきれないものもあって、ひとつひとつに特徴が出るのは、バス停に注目する楽しさです。このくらい明確に、前はハローディ前でしたと分かる状態なのも珍しいですが。

 

 

かつてバス停の真後ろにあったハローディは、

 

 

更地に。

 

 

長丘三丁目サニー前も、

 

 

サニーが、

 

 

やはり更地に。

諸行無常さも感じます。

 

 

皆さま、大切な景色は、記録しておいてください。

私もこの連載3年目、いろいろな場所の思い出が刻めるように、これからも精進してまいります。

 

 

 

著者:沖浜貴彦