福岡の老舗和菓子店「如水庵(じょすいあん)」から、入社2年目の若手社員9名が生み出した新商品、琥珀糖「うめみづき」が発売します。なんと、2024年2月16日〜25日の10日間限定。直営店9店舗で数量限定販売されます。

如水庵(じょすいあん)とは?

古くから博多の地で商いを行ってきた如水庵。「おいしさひとすじ、健康に良いお菓子を」という想いを胸に、代表銘菓「筑紫もち」をはじめ、黒田如水に因んだ最中や季節感あふれる上生菓子や大福などを販売している和菓子店です。

 

 

新入社員が開発したネオ和菓子「うめみづき」を限定発売!

如水庵から今回新商品として発売されるのは、入社2年目の若手社員9名が生み出した琥珀糖「うめみづき」。1年の歳月をかけて完成させた和菓子なのだそう。

 

2024216日〜25日までの10日間、直営店9店舗で数量限定販売されます。

如水庵「うめみづき」

うめみづきイメージ

 

白梅…梅酒のフルーティーな香りを閉じ込めた上品な味わい

紅梅…梅肉を混ぜ込んだ錦玉(きんぎょく)に、しそ入寒天を入れた香り豊かな風味

月…瀬戸内れもん果汁とれもんピールを刻み入れたすっきりとした味わい

 

 

和歌の味わいを五感ぜんぶで

「大空は梅のにほひにかすみつつ曇りも果てぬ春の夜の月」

新古今和歌集に編纂されている和歌のひとつ、梅の香りでぼんやりとかすむ春月を詠んだ和歌を琥珀糖で表現。

 

如水庵の伝統技術を受け継ぎながらも、新しいお菓子を作りたいという若手社員の想いから生まれた和菓子です。

 

いつもがんばっている貴女に、朧月夜にほっと一息ご褒美時間を…という願いを込めたこだわりの一品。

やさしい風味とすっきりとした甘さに、心も癒されるような和菓子を目指してつくられました。

 

味わいについては特にこだわったそうで、「主に味のバランスにこだわりました。3つの中でも特に紅梅は、しそパウダーの塩味と梅肉の甘味のバランスが難しく何度も試作を重ねました。その結果今の香り豊かな梅の味わいが出せたのだと感じています」とのこと。

 

▶うめみづき開発秘話はこちら

 

琥珀糖の美しい輝きや色彩、かわいらしい形など、見ているだけでも癒やされるような和菓子なので、自分用にはもちろん、手土産にもおすすめですよ。

 

 

「うめみづき」商品詳細

商品名:うめみづき

販売期間:216日〜225日まで

価格:1箱 1,296円(税込)

※1箱3種類 各3個入)

保存方法:直射日光、高温多湿を避け、風通しの良いところで保管ください。

販売店舗:博多駅前本店、西新店、ゆめタウン博多店、原店、イオンモール筑紫野店、イオン大野城店、サンリブ宗像店、イオンモール香椎浜店、長住店

上記店舗での限定販売です。

数に限りがございます。

オンラインストアではお取り扱いがありません。

 

 

合わせて読みたい

海外の観光客にも大人気!福岡の和菓子を伝える如水庵【福岡市博多区】

https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202401.23020

 

【福岡手土産スイーツ】予算1,000円台で喜ばれるスイーツ6選

https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202312.21301

 

【スイーツ激戦区福岡市】ケーキ店・ケーキ屋の人口比ランキング1位の理由

https://fukuoka-leapup.jp/city/202005.52

 

著者:フクリパ編集部