フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅プロジェクトは、2024年3月2日(土)、福岡県うきは市の蔵元・株式会社いそのさわとコラボして、日本酒試飲イベントを開催。当日フェアフィールド・バイ・マリオット・福岡うきはにご宿泊のお客様限定のイベントです。福岡うきはならではの魅力を存分に楽しむことができるイベントです!

フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅とは?

フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅とは、アメリカのホテル大手のマリオット・インターナショナルと積水ハウスがタッグを組んで展開している道の駅に隣接するホテルのこと

 

2020年に全国展開をスタートし、10月に栃木、岐阜、三重、京都の4府県で6施設計約450室を開業。

2023年には、福岡県うきは市の「道の駅うきは」に「フェアフィールド・バイ・マリオット・福岡うきは」をオープンさせました。

 

最大の特徴は“素泊まり専用”であること

「地域を渡り歩く」という新たな旅のスタイルを提案し、地域活性化に貢献するのが狙いなのだそう。

 

23年秋までに佐賀県嬉野市、熊本県阿蘇市などにもオープン。今後さらに増やしていく予定なのだそうですよ。

 

フェアフィールド・バイ・マリオット・福岡うきはの外観

 

フェアフィールド・バイ・マリオット・福岡うきはで日本酒試飲イベントを開催

フェアフールド・バイ・マリオット・福岡うきはが位置するうきは市は、福岡県の南東部に位置し、東西に連なる耳納(みのう)連山や悠々と流れる筑後川があり、自然豊かな町です。

 

耳納連山と阿蘇山を水源とする筑後川水系から出る良質な地下水はミネラル豊富で、古くより「名水の郷」として知られてきました。

 

そんな「おいしい水のまち」うきは市に酒蔵を構えるのが、明治26年創業の「いそのさわ」

自社の井戸から汲み上げた仕込み水を使用し、職人たちの徹底した管理による発酵と熟成により美味しいお酒を生み出しています

 

今回のイベントでは、「全国燗酒コンテスト2023金賞」や「福岡県知事賞 日本酒 純米吟醸・純米酒部門」、フランスで開催される日本酒品評会「Le Grand Concours des Sakés Japonais 2023」など、国内外の賞を受賞した「駿 純米酒」をはじめとした数種類のお酒を味わうことができます。

 

日本酒にぴったりの酒肴もご用意!

イベント当日、フェアフィールド・バイ・マリオット・福岡うきはに宿泊している方限定のこちらのイベントは、開催時間内、無料で⾃由に参加することができます。

 

福岡うきはならではの魅力を存分にお楽しみくださいね!

 

 

イベント詳細

開催日時:202432日(土)16時〜19

開催場所:フェアフィールド・バイ・マリオット・福岡うきは ロビーラウンジ(福岡県うきは市浮羽町山北734-6)

参加対象:開催日当日にフェアフィールド・バイ・マリオット・福岡うきはにご宿泊の方

参加費:無料

申込:不要(ご宿泊の方はイベント開催時間内、自由に参加することができます)

 

株式会社いそのさわについて 

明治26年創業。「磯乃澤」という屋号は、初代・高木喜三郎の父・磯吉、母・澤であったことから名付けられました。

以来125年、代々の当主と職人が一体となり、「酒を楽しむ粋な喜び」を生み出すために、手塩にかけて栽培された米を磨き上げ、酒を醸し、「この酒はこの1年だけ」という真剣さを一滴一滴に込めて酒造りを行っています。

https://isonosawa.com/

 

フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅ホテルは、今後も各地で地域の魅力を満喫できるイベントを多数開催していく予定なのだそう。これからさらに注目が集まるスポットになること間違いなしです!

 

フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅プロジェクトに関する詳細情報およびご予約に関する情報は、公式HPをチェック!

▶https://fairfield-michinoeki-japan.com/ja

 

著者:フクリパ編集部