来年2025年3月の第二滑走路の供用開始を1年後に控えた福岡空港では、関連施設の整備が、着実に進んでいます。今年2024年4月16日、国内線ターミナルエリアにおいても新たな立体駐車場がオープンします。

現駐車場隣に8層9段・1,617台収容の新立体駐車場が開業

【画像】フクリパ短信

画像提供:福岡国際空港

 

福岡空港を運営する福岡国際空港株式会社が、国内線ターミナルエリア内で建設していた新しい立体駐車場が完成し、2024416日にオープンする。
現行の国内線駐車場隣に建設していた新駐車場は8層9段構造の9階建て、高さは約27メートル。
延べ床面積で約4万5000平方メートルとなる新国内線立体駐車場の収容台数は、現行の約2倍となる1617台であり、うち17台分を身障者専用駐車スペースとして確保する。

 

 

建物の外装は、地元を代表する伝統工芸品である博多織をイメージしたという。
また、駐車場の各フロアは、色や福岡にちなんだイラストで識別できるようにしている。
新駐車場の2階はイチゴ、ターミナル連絡階である3階は飛行機、5階は福岡県花の梅、8階にラーメンを描くなどの創意工夫を凝らす。
デザイン監修は、梓設計・隈研吾建築都市設計事務所・西日本技術開発共同企業体が手掛ける。

 

 

現駐車場跡に商業・オフィス・ホテル・交通機能を備えた複合施設

【画像】フクリパ短信

 

梓設計・隈研吾建築都市設計事務所・西日本技術開発共同企業体

 

福岡国際空港会社では、新駐車場の開業に伴って、201471日から供用開始した現行の国内線立体駐車場(5層6段構造・6階建て、延床面積約2万平方メートル、収容台数864台)の営業は、4月15日をもって終了する。

 

 

現行の立体駐車場跡地には、商業・オフィス・ホテル・バスターミナル機能を備えた複合施設を建設する計画だ。
2025年度に着工する複合施設は、2026年度の完成を目指す。完成後は、九州をはじめ広く西日本一帯から年間800万人以上の一般客らも呼び込んでいく見込みだ。

 

 

4月16日の新国内線立体駐車場のオープンに合わせて、福岡国際空港株式会社では、国内線駐車場(国内線南駐車場を含む)の料金を下記の通りに改定する。

 

【画像】フクリパ短信

画像提供:福岡国際空港

 

物件概要

所 在 地/ 福岡市博多区大字下臼井743ほか
用  / 駐車場
事業主体/ 福岡国際空港株式会社
階  / 地上9 階(8層9段)
敷地面積/ 3万3,388.6 ㎡
延床面積/ 4万5,020.99 ㎡
着  / 2023年3月1日
開  業/ 2024年4月16日
備  / 収容台数1,617台、建築面積5,826.58 ㎡

 

 

参照サイト

福岡空港国内線 新立体駐車場の供用開始および駐車料金の改定について
https://www.fukuoka-airport.jp/information/parkingfee0416.html

 

福岡空港国内線ターミナル立体駐車場建設計画
https://www.kensetsu-databank.co.jp/hokkaido-kyushu/osirase/detail.php?id=10084791

 

 

あわせて読みたい

福岡空港が生まれ変わり、エアポートシティとして飛躍する 〜第2滑走路誕生まで、あと1年〜
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202402.24090

 

 

著者:近藤 益弘