福岡でいちばん企画書を書いてきたプランナー・中村修治さんが読者のお悩みにオモシロオカシク答えてくれます。「あー、あるある」「そっか、もうそんな感じでいっか」などなど、生きにくい日々をライトに潜り抜けるためのヒントになったりならなかったり!?ぜひ肩の力を抜いてお楽しみください!

相談者>>>>>>>>

最近流行りの「自己肯定感」が低い人間です。
他人の目を気にするなとか言われても「はい、そうですか」でなんとかなるものでもないので苦しいです。
どうしたらいいでしょうか?

<<<<<<<<ワタシの回答
自分をネタに笑いましょう!?

いきなり下ネタで申し訳ない。
こんなデータがある。
年収が高い男ほど「●ンコを漏らした経験率が高い」。

このデータは“自己肯定感の低い人たち”にとっての光明だと思うわけですよ。男なんて100%●ンコを漏らしています。ワタシも、例外ではありません。還暦のこの歳までに、何回失敗したか!?きっと片手では足りません。

このデータの面白いところは、こういう“●ンコ漏らしたことある!?”っていうアンケートに、ぶっちゃけ答える人ほど、年収が高いという事実です。要は、年収的に成功をした人ほど、自分の恥部を曝け出せるメンタルになっているということです。
 
下記は、明石家さんまさんの師匠談です。
我々の弟子稼業というのは、掃除をさせられるじゃないですか。
で、掃除をしていると師匠が、「それ、楽しいか?」って言うんです。「いいえ」って答えると「そやろ」って。「そういうのが楽しいわけがない」と、おっしゃるんですね。
そのときに、師匠に「掃除はどうしたら楽しいか考えろ」って言われたんですけど、そこでしたねぇ。

あの、掃除なんて、楽しくなるわけがないんですよ。

ところが「楽しくなることを考えてることは楽しい」っていうところにね、18歳のときに気づかせていただいたのが非常に助かりましたね。

ハズレくじを引くどころか、ハズレくじを引いて、それをどう笑うかを考えるわけである。生きてりゃハズレも丸儲けである。
 
自分で“ワタシは自己肯定感が低いんですよ”なんて分析している時点で、悪い大人たちの思う壺ですよ。自己啓発とか、新興宗教とかに、つけ込まれますよ。自己肯定感の低さをネタにしましょう!!笑い飛ばしましょう!!まわりの人に話しましょう!!

そうすると、きっと、まわりのみんなが素直に喜んでくれます。
そうやって、わけのわからない自信を身につけていくのです。
 
中学の時イケテナイ芸人も、
人見知り芸人も、
意気揚々と●ンコを漏らした経験を語っていますよ。
さぁ!?貴方は「●ンコを漏らしたことがありますか!?」


楽しくなることを
考えていることは
楽しいのですよ。

著者:中村修治 (プランナー)