2019年から本格始動した博多駅周辺の活力と賑わいをさらに周辺につなげていく『博多コネクティッド』。 そのプロジェクトで2022年8月に元ボーリング場博多スターレン跡地にWORKと LIFE の充実を実現するハイブリット型スモールオフィス「Mol.t(モル・ト)」がいよいよ開業!どのような施設なのかご紹介します。

WORKとLIFEの充実の実現に寄り添い、人とビジネスの成長を支援するスモールオフィス「Mol.t」


出典元:株式会社 NSF エンゲージメント

快適なオフィス×福岡県内でのワーケーションを日常的に取り入れるハイブリッド型スモールオフィスがコンセプト



出典元:株式会社 NSF エンゲージメント

快適なオフィス環境はもちろん、多様なワークプレイスを取り入れながらWORKとLIFEの充実を実現する様々な取り組みが特徴です。

<「Mol.t」のおもな特徴>
WORKが充実
・個別空調の完全個室など快適な執務空間
・ビルの屋上や広場やカフェなどビル内に多様なワークプレイス
・提携先の海辺のオフィスや緑豊かな温泉地のコワーキングも利用可能

LIFEも満喫
・Mol.tを舞台にさまざまなテーマで語り合う場「Mol.tバー」
・提携施設でのボルダリングや登山、SUP(スタンドアップパドルボード)など都心では得られない体験
・働く人と企業がともに成長できるような経験やサポートやつながりづくり

博多駅筑紫口から徒歩4分の「博多イーストテラス」

「博多イーストテラス」の魅力のひとつは交通アクセスの良さ。
元ボーリング場「博多スターレーン」跡地にあり、博多駅まで徒歩4分。
直結している新幹線、JR、福岡市地下鉄、西日本バスセンターに約10分圏内でアクセスできます。




出典元:株式会社 NSF エンゲージメント

仕事も生活も大切にする福岡の街の持つバランス感

近年、全国各地で人口減少が社会問題となっていますが、福岡市の人口増加、移住者の流入はとどまることをことを知りません。
では、なぜ福岡市の人口は増え続けているのでしょうか?
その背景や福岡の魅力を東京から福岡へ移住され、福岡市西区を拠点に移住支援事業に取り組んでいるSALTの須賀大介さんが教えてくださいました。


須賀さんからお聞きした福岡の魅力をまとめると、
・都心の近くに、豊かな自然がある
・仕事のパフォーマンスを上げてくれる環境がある
・収入は下がっても、可処分所得・時間の上がるメリットは大きい
・福岡の地場企業ではマネージャー層が不足している。中高年齢層にも活躍の余地がある
という項目が上がりました。

須賀さんが移住するきっかけとなったのが、2011年の東日本大震災。
ここ数年のコロナ渦は震災と同様に、社会環境の大きな変化をもたらしました。
これから安心安全に生きて行くには、住む場所や働く環境はどの街が望ましいのか。
人生そのものについて再考する大きな機会となりました。

移住というと、少し前までは「リタイア後のスローライフ」要素が高めでしたが、現在の移住は現役バリバリで働く世代が「仕事と生活を両立しやすい場所」を絶対条件とし、移住先を選んでいると言えます。

良好なビジネス環境が生産性を高め、労働時間の短縮につながることで労働時間以外の家族との時間や趣味の時間にゆとりが生まれる。
結果、仕事への意欲につながる、という働き方を含めた生き方そのものの豊かさが求められています。

WORKが充実する快適なスモールオフィス空間

個別空調の完全個室など快適な執務空間

「Mol.t」は、博多エリア最大級のビル「博多イーストテラス」1Fの商業エリア部分にあたります。
個別空調方式の完全個室と個室契約者専用のコラボレーションスペース(フリーアドレス席)のセットプランになっており、セキュリティは施設入口と個室の2段階認証で安心。
海外でも評価の高いおしゃれなオフィス家具が付いており、快適なオフィス環境でWORKの充実を実現できます。

ビルの屋上や広場やカフェなどビル内でも多様なワークプレイス

オフィスワーカーがリフレッシュしながら仕事の目的や内容に合わせて、働く場所を選ぶ働き方が選べます。
仕事ができるように整備されたビルの屋上や広場も提供されており、スモールオフィス利用者はこれらも働く場として活用できるという贅沢仕様です。

ちょっと足を伸ばして、提携先の海辺のオフィスや緑豊かな温泉地のコワーキングでも働けます

・海辺のオフィスSALT
海沿いに建つカラフルな建物が海辺のオフィスです。


目の前に広がるオーシャンビュー。海のすぐそばなので波音が心地よく浜辺の散歩もできます。
出典元:SALT


・温泉地のコワーキング快生館
温泉に入り放題。仕事に煮詰まったら即リフレッシュできます。


まるで合宿所のよう。ワクワクしますね。
出典元:SALT


LIFEも満喫させる、「Mol.t」ならではの取り組み


Mol.tを舞台にさまざまなテーマで語り合う場「Mol.tバー」


出典元:株式会社 NSF エンゲージメント

施設に隣接するカフェ&バー「Fuglen Hakata Fukuoka」は、ノルウェー・オスロが本店の「FUGLEN(フグレン)」が九州に初出店したものです。

スモールオフィスの利用者は、浅煎りスタイルのスペシャルティコーヒーを割引価格で購入でき、コミュニケーションやリラックスタイムが楽しめます。

提携施設でのボルダリングや登山、SUP(スタンドアップパドルボード)など都心では得られない体験

・ボルダリング

・登山

・SUP(スタンドアップパドルボード)

出典元:SALT

働く人と企業がともに成長できるような経験やサポートやつながりづくり

住まいや地域コミュニティ、求人相談、新しいビジネスを始める人に必要なWebページ制作や社労士・司法書士など専門家の紹介、研修やワーケーションによるチームビルディングなど、働く人と企業がともに成長できるような経験やサポート、つながりづくりといった利用者のWORK+LIFEの充実をはかる独自のサービスもあります。

[施設概要]

施設名:Mol.t(モルト)
開業日 :2022年8月2日
所在地:博多イーストテラス1F
福岡県福岡市博多区博多駅東一丁目18番33号
面積:約360平米(床下収納面積約110平米)
レイアウト構成:家具付き個別空調方式完全個室、会員専用オープンスペース(コラボレーションスペース)、スタジオ、会議室、Web会議ブース、床下収納
室数:
(2人用)6室、(3人用)11室、(6人用)1室
(会員専用オープンスペース) 約25席
(スタジオ)1室 動画撮影用カメラ・モニター設置
(会議室)3室(Web会議ブース)2室
(ストレージ)キャビネット、スペース貸し *相談可
月額利用料(税込み):
2人用 187,000円/月〜
追加登録料 22,000円/月 *個室席数の同数の追加利用登録可
月額利用料に共益費、清掃費、電気代、時間外空調費を含む。
初期費用:月額利用料の2カ月分
営業時間:有人受付時間 平日9:00〜18:00
ご利用可能時間:24時間(ビル休館日、年末年始除く)
付帯サービス(一部有料): 法人登記可、住所利用可、固定電話番号貸与、Wi-Fi、有線LAN、会議室、
複合機、シュレッダー、ウォーターサーバー、福岡県内ワーケーション施設利用、各種イベント(アウトドア、セミナー、ネットワーキング)、空間除菌システム、カフェ割引
Webサイト:

***
















 


著者:フクリパ編集部 (福岡を今よりもっと良い街に!)