福岡にはたくさんのショッピングモールがあります。今回は福岡のショッピングモールのあるあるを紹介します!

1. 「マークイズ福岡ももち」が広すぎて今どこにいるのかわからなくなる

2018年にホークスタウン跡地の再開発で建てられた、福岡市中央区地行浜のショッピングモール『MARK IS 福岡ももち(マークイズ福岡ももち)』。
 
4階建てのショッピングモールで商業用施設面積は約48,000㎡、福岡県内でも上位にランクする広さの巨大施設です。
 
店舗だけでなく、吹き抜けの大きな階段や、広々としたフードコートなどがあり、もはや一つの街といった感じです。
 
あまりに巨大すぎて今自分がどこにいるのかわからなくなるほど・・・。
 
どこにいるのかわからなくなったら、吹き抜けのところに行くと位置が把握できるので、とりあえず吹き抜けを探すというのがマークイズの攻略法です。
 
ちなみに福岡県で店舗面積が最大の商業施設は、JR博多シティで81,400㎡となっています。
 
こちらもかなり巨大で迷子になりそうです。



【マークイズ福岡ももち】
■住: 福岡市中央区地行浜2-2-1

2. イオンモール福岡を「ダイヤモンドシティ(ルクル)」と言いがち、イオンスタイル笹丘を「笹丘ダイエー」と言いがち

運営母体の変更や統廃合などによって名前が変わってしまったショッピングモールがいくつかあります。
 
福岡県糟屋郡粕屋町(かすやまち)にある『イオンモール福岡』は元々、『ダイヤモンドシティ・ルクル』という名前でしたが、2007年にダイヤモンドシティがイオンと合併し、名前が変更されました。
 
しかし、馴染みのある名前はなかなか変えられないのか、いまだに『ダイヤモンドシティ』とか『ルクル』と呼んでいる人も多いです。
 
福岡市中央区笹丘(ささおか)にある『イオンスタイル笹丘』も元々は『ダイエー笹丘店』だったため、『笹丘のダイエー(笹ダイ)』という名前が今でも定着しています。


▲以前の笹丘ダイエー

▲現在のイオンスタイル笹丘

【イオンスタイル笹丘】
■住: 福岡市中央区笹丘1-28-74

【イオンモール福岡】
■住: 糟屋郡粕屋町酒殿字老ノ木192-1

3. 「ららぽーと福岡」のガンダム前で記念撮影しがち

福岡市博多区那珂(なか)にあった青果市場跡地に2022年にオープした『ららぽーと福岡』。
 
九州では初出店のららぽーととなります。
 
全222店舗が入る大型ショッピングモールですが、中でも目玉なのがフォレストパークエントランスにある巨大なガンダム立像。
 
映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場した『νガンダム』がモデルになっています。
 
高さは約24mという巨大さ。
 
格好の記念撮影スポットになっているので、ガンダム前に行くと、常に誰かが撮影をしています。
 
ちなみに、一時間おきに手と首が動く仕掛けがあり、夜にはライトアップもされますので必見です。


【ららぽーと福岡】
■住: 福岡市博多区那珂6-23-1

 ----
今回紹介した以外にも、福岡にはたくさんのショッピングモールがあります。
 
また、新規でオープン予定のショッピングモールもありますので、「あるある」を探しつつ、ショッピングモールを巡ってみたいと思います。

 

★山田全自動「福岡あるある」記事の更新を知りたい方

山田全自動「福岡あるある」の記事更新は、下記のフクリパ公式アカウントから得ることができます。


★山田全自動の記事を音声で聴こう【聴くリパ】♪


★その他「福岡の商業施設」記事も読んでみよう!




著者:山田全自動 (デザイナー)