各地域の公園あるあるは沢山あると思いますが、今回は、福岡市民の憩いの場である大濠公園についてのあるあるを紹介します!

1. スタバのテラス席がワンちゃんだらけ

大濠公園にはいくつかカフェがあり、池を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができます。
 
2010年に開業したスターバックス福岡大濠公園店はスターバックスが全国に30店ほど展開する「スターバックス リージョナル ランドマーク ストア」のうちのひとつで、建築のデザイン性や環境への配慮など、こだわりが詰め込まれた店舗です。(ちなみに太宰府天満宮表参道店や門司港駅店もそのうちのひとつ)
 
大濠公園は池の周囲に遊歩道が設置されているので、ジョギングや散歩をする人でにぎわいます。
 
犬の散歩で大濠公園に来る人も多いので、スターバックスのテラス席は自然と飼い主さんとワンちゃんの休憩場所に。
 
そんなわけで夕方や休日に大濠公園のスターバックスを訪れるとたくさんのワンちゃんに出会うことができます。


【スターバックスコーヒー 福岡大濠公園店】
■住所: 福岡市中央区大濠公園1-8
■TEL: 092-717-2880
■営業時間: 7:00〜21:00
■休: 不定休

2. 池のボートに乗ったカップルは、別れるという都市伝説がある

ディ〇ニーランドに行ったカップルは別れる、〇〇タワーに登ったカップルは別れる、などの「〇〇をすると別れる」系の逸話は全国各地に様々ありますが、大濠公園にもそんな都市伝説があります。
 
それは「大濠公園のボートに乗ったカップルは別れる」というもの。
 
この話、かなり昔からあるようで、年配の方も聞いたことがあると言っていました。
 
でも冷静に考えたら毎日何十組、何百組ものカップルたちがボートに乗っていますので、その中には別れる人も当然いるわけで・・・。
 
実際のところどうなのか、実証するわけにもいかないので、この都市伝説が本当かどうか、謎のままです。


【ボートハウス 大濠パーク】
■住所: 福岡市中央区大名1-1
■TEL: 092-716-9077

3. みんな同じアングルで写真撮影しがち

大濠公園には池の中央に浮島があり、橋を渡って行くことができます。
 
その浮島にある人気のフォトスポットが「浮見堂(うきみどう)」です。
 
池の中に浮かぶ赤い建物はとてもフォトジェニック。
 
インスタグラムでも浮見堂をバックに撮影している人をよく見かけます。
 
この浮見堂はその昔、現在の馬出小学校(福岡市東区)の場所にあった動物園のアシカのプールから移設されたものだそうです。
 
動物園時代は浮見堂からアシカやオットセイにエサを与えることができたそうです。


【大濠公園 浮見堂(うきみどう)】
■住所: 福岡市中央区大濠公園1-3
■TEL: 092-741-2004

4. 謎に逃げない巨大な鳥がいる

大濠公園は野鳥がたくさん集まるスポットとしても知られています。
 
時々、望遠レンズで野鳥を撮影している人も見かけます。
 
大濠公園ではウミネコ、ムクドリ、カワウ、カワセミなど約40種もの野鳥が見られるそうです。
 
その中でなかなかインパクトがあるのが、巨大なアオサギ。
 
他の野鳥たちは人が近づくと慌てて逃げていくのですが、大濠公園のアオサギは人に慣れすぎているのか、かなり接近しても、まるで置物のように全く動じません。
 
ちなみに池の近くで何か食べていると、空から飛来してきたトンビに奪われますのでご注意を。

----
様々な楽しみ方がある大濠公園、まだ行ったことがない方はぜひ訪問してみてくださいね。
 
ちなみに西公園も歩いて行ける距離ですので、こちらもあわせて行ってみることをおすすめします。

【大濠公園】
■住所: 福岡市中央区大濠公園1-2
■TEL: 092-741-2004

★山田全自動「福岡あるある」記事の更新を知りたい方

山田全自動「福岡あるある」の記事更新は、下記のフクリパ公式アカウントから得ることができます。


★山田全自動の記事を音声で聴こう【聴くリパ】♪


★その他「大濠公園エリア周辺」の記事も読んでみよう!





著者:山田全自動 (デザイナー)