整備新幹線としての決定から足掛け半世紀もの歳月を経て2022年9月23日、西九州新幹線が開業します。そして、真新しい車体『かもめ』が、いよいよ駆け抜けていきます。


博多〜武雄;在来線&武雄〜長崎:新幹線の対面乗換で運行

西九州新幹線『かもめ』が武雄温泉駅〜長崎駅でデビュー━━━。
博多駅〜武雄温泉駅:在来線(狭軌)と武雄温泉駅〜長崎駅:新幹線(フル規格・標準軌)との対面乗り換え方式で西九州新幹線が2022年9月23日、開業する。

〝九州らしいオンリーワンの車両〟をコンセプトとする西九州新幹線『かもめ』のエクステリアにはJR九州のコーポレートカラーである赤を配色し、シンボルマークやロゴを配置している。
一方、車内のインテリアデザインは和洋折衷を採用し、クラシックとモダンを組み合わせている。

従来、博多駅〜長崎駅の在来線を走っていた特急かもめにおける所要時間は、最速列車で1時間50分だった。
一方、武雄温泉駅で在来線とフル規格新幹線の対面乗り換え方式で運行する西九州新幹線の所要時間は最短1時間20分であり、最速列車同士の比較において30分の時間短縮を実現している。
西九州新幹線では、1日あたり47本を運行していく。

西九州新幹線は、決定から足掛け半世紀掛かりで開業

博多〜長崎を最速1時間20分で結ぶ西九州新幹線『かもめ』(画像提供:JR九州)
 
九州新幹線は、同鹿児島ルートにおいても2004年3月に新八代駅〜鹿児島中央駅間をフル規格の新幹線、博多駅〜新八代駅を在来線特急『リレーつばめ』で運行して、新八代駅の同一ホームで対面乗り換え方式を採用していた。
その後、2011年3月に博多駅〜新八代駅間もフル規格化して、同鹿児島ルートは全線開業した。

九州新幹線自体は、1973年に『全国新幹線鉄道整備法』に基づいて整備新幹線として決定した経緯がある。
九州新幹線西九州ルート(福岡市〜長崎市)である西九州新幹線の武雄温泉駅〜長崎駅は、計画決定から開業まで足掛け半世紀の歳月を要した経緯がある。
なお、新幹線として長崎駅〜武雄温泉駅の営業キロ69.6 km(線路延長66 km)という距離は、全国の新幹線において最短(回送線除く)となる。

『西九州新幹線』路線データ

営業主体:九州旅客鉄道株式会社(JR九州)
建設主体:鉄道建設・運輸施設整備支援機構
路線距離:66.0 km(線路延長:営業キロは69.6 km)
軌 間:1,435 mm(標準軌)
駅 数:5(起終点駅含む)
電化区間:武雄温泉駅〜長崎駅:交流25,000 V (60 Hz)
最高速度:260 km/h(武雄温泉駅〜長崎駅)
 

参照サイト


著者:近藤 益弘 (編集者兼ライター)