いま何かと話題になっている福岡の糸島。観光だけでなく移住地としても人気が急騰しています。そんな糸島のあるあるを紹介します!

1. 夕日の前で逆光の中、後ろ姿の写真とりがち

糸島はいわゆる「インスタ映え」するスポットとしても有名。

Instagramや、最近ではTikTokでも景色が良い場所、写真映えする場所として紹介されているのをよく目にします。

二見ヶ浦の海岸沿いなどはそういったスポットがたくさんあり、休日は若い人を中心に賑わっています。

夕景は特に美しく、今風に言うと「エモい」雰囲気になります。

そして小田浜海岸にあるヤシの木のブランコもSNSや雑誌の特集などで必ずといっていいほど目にするスポットです。

しかし、このヤシの木のブランコ、糸島のオシャレスポットとして紹介されますが、実は福岡市西区にあります。


【二見ヶ浦ビーチ】
■住所: 福岡市西区西浦 
【桜井二見ヶ浦の夫婦岩】
■住所: 糸島市志摩桜井 


【ヤシの木ブランコ】
■住所: 福岡市西区小田79-6 

2. 冬になると牡蠣小屋でにぎわう

糸島は牡蠣の産地としても有名です。

冬になると牡蠣を炭火で焼いて食べることができる牡蠣小屋が糸島にある漁港で開店します。

糸島産の牡蠣は脊振山系の山から流れる川の水に含まれる豊富なミネラルを吸収して育つので、味が良く、サイズも大きめ。

値段もリーズナブルで1kg1000円というのが大体の相場です。

牡蠣小屋では焼き牡蠣だけでなく、サザエやエビなどの海鮮を味わえますので友達や家族と行くと盛り上がること間違いなしです。



【糸島牡蠣小屋エリア】
■加布里(かふり)漁港
■船越(ふなこし)漁港
■岐志(きし)漁港
■福吉(ふくよし)漁港
※牡蠣小屋は10月から4月の寒い時期のみ

3. 海沿いがカフェだらけ

糸島といえばなんといってもオシャレなカフェ!

海岸沿いを中心に、オシャレで居心地の良いカフェがたくさんあります。

特に二見ヶ浦付近は景色も最高なので、カフェの激戦区になっています。

福岡市からのお出かけスポットとしてちょうど良い距離にあるので、休日などはカップルで賑わいます。

また、バイクのツーリングやサイクリングのスポットとしてもよく使われているので、無料駐車場にバイクや自転車が並んでいる光景をよく目にします。


【糸島カフェエリア】
■糸島市海沿いのカフェ

4. 伊勢の夫婦岩を見て糸島だと思いがち

糸島の観光スポットとして外せないのが二見ヶ浦の夫婦岩です。

海に浮かぶ二つの岩にしめ縄が通されていて、竜宮の入口だという伝承もあります。

この岩は近くにある櫻井神社の社地で、毎年5月にしめ縄のはりかえが行われています。

福岡県民は夫婦岩というと、やはり糸島を思い浮かべるので、三重県の伊勢志摩にある夫婦岩を見ると、糸島の夫婦岩だと思ってしまいがちです。

三重県の夫婦岩は伊勢志摩の二見浦にあり、福岡県の夫婦岩は旧志摩町の二見ヶ浦にあります。

なぜこれほど似通っているのか、なんとも不思議ですね。

ちなみに、すぐそばに無料駐車場があるので、夫婦岩を見学するときに利用すると便利です。
 

【桜井二見ヶ浦の夫婦岩】
■住所: 糸島市志摩桜井 

-----
いろんな見どころや観光スポットがある糸島。旅行や移住を検討している方はぜひ参考にしてみて下さいね。(牡蠣小屋は10月から4月の寒い時期のみとなりますのでご注意を!)

★山田全自動「福岡あるある」記事の更新を知りたい方

山田全自動「福岡あるある」の記事更新は、下記のフクリパ公式アカウントから得ることができます。


★山田全自動の記事を音声で聴こう【聴くリパ】♪


★その他「糸島エリア」の記事も読んでみよう!









著者:山田全自動 (デザイナー)