福岡といえば豚骨、豚骨と言えば福岡と、必要十分条件のような知名度となっている「豚骨ラーメン」。しかし最近、福岡では「非豚骨系」なるジャンルがにぎわっている様子。現役の福岡民放局のプロデューサーが、こっそり収集してきた情報を紹介してくれる「福岡民放局プロデューサーがこっそり教える、福岡非豚骨系ラーメン探訪」第三弾は、味噌ラーメン特集です!ぜひ参考にしてくださいね。

6月に始まった「福岡民放局プロデューサーがこっそり教える、福岡非豚骨系ラーメン探訪」気づけば夏が終わり、秋が深まりつつあります。

そろそろさっぱりしたものから体が芯から温まるような、味噌ラーメンはいかがでしょうか。え?ラーメンはどれも熱いじゃないかって?そこはご愛嬌。
 
 

【博多 文福】 世界各地で豚骨ラーメンを広めた人物が開いた味噌ラーメンの店

 
福岡市南区から一歩、春日市に入ったところに、2021年12月にオープンした「博多 文福」は、民家を改装したような外観。入り口にかかる世界地図の暖簾には、ちゃんとした理由があります。それは後ほど。
 

 
食券自販機のメニューは全て味噌らーめんがベース。人気No.1の味噌コーンバターを選びました。スープはあっさり系で、50円追加すると「こってり味噌」になるそうです。麺は細麺、中太麺をオーダー時に選べます。今回は中太麺にしました。ちなみに、お店の入り口を開けた目の前に、製麺室があります。自家製で2種類の麺を作るなんて、どうやらこの店、ただものではなさそう。
 

 
麺を覆い尽くすチャーシュー、コーン、バター、ネギ、メンマ。そして中央にドンと鎮座しているキクラゲ。具だくさんです。
 

 
さらにスープに浮いている、謎の四角い物体。噛み締めても味はほとんどありません。これ、正体は揚げた高野豆腐。「日本らしい食材をトッピングに使えないか」と選ばれたのだそうです。
 

 
麺をすくいあげると、味噌とバターがほどよく絡み、するすると喉を通り抜けていきます。噛みごたえのある身の締まったチャーシューも味噌との相性抜群です。
 


 
実は店主の島津智明さん、博多の豚骨ラーメンを世に広めた「一風堂」で、20年にわたって海外展開を担っていた人物。暖簾に描かれた地図の謎が解けました。でも、その島津さんがなぜ、独立して開いた店が味噌ラーメン店なんでしょう?
 
「日本に帰ってきて、やっぱり日本らしい食材を使いたいと思って、味噌にしたんです」

「日本らしい」といえば、店内には日本酒の一升瓶がずらっと並べられていて、夜はお酒を楽しみながら過ごせそうな雰囲気。不定期で「酒蔵ナイト」というイベントを開催していて、そのとき限りの「酒粕味噌らーめん」なるものも登場するそうです。
 

 
帰り際に見つけた、この張り紙。「おかねはいらないから/おとなになったときに/こまっているひとを/たすけてあげてね!!」どこまでも素敵なお店でした。
 
 
【博多 文福】
■TEL:非公開
■住:春日市須玖北9-62
■営:11:00〜21:00(水曜11:00〜15:00)
■休:なし
 
 

【麺屋 わがもん】 北海道から麺を持ち帰ったという研究の成果がこの一杯に

 
飲食店がひしめく福岡市中央区大名に、2022年8月オープンした「麺屋 わがもん 大名本店」へ。路上芸術家・バ○クシーの有名な作品にも似た絵が描かれた、大きな日除け幕が目印です。
 

 
この絵、よく見ると右手に麺を茹でて湯切りまでできるテボ、左手にはラーメン鉢が握られていて、添えられたコピーは「食べてみそ/おいし〜お」。
 

 
味噌ラーメンと塩ラーメンの店と一目でわかる親切さ。今回は「みそらぁ〜めん」をいただきます。ランチタイムだったので、焼売と白飯がついた「Aセット」で。
 

 
運ばれてきたのはシンプルな味噌ラーメン。中央にあるのはおろし生姜です。見るからに体に優しそうな一杯。
 

 
スープを一口飲んでみると、おや?何やら香ばしい。箸ですくうと、麺と一緒に姿を見せたのは、炒めたもやしと玉ねぎ、そしてミンチ肉。ぱっと見、ここまで具だくさんとは思いませんでした。
 

 
いかにも味噌ラーメンと相性が良さそうな中太ちぢれ麺。こちら、お店のインスタグラムによると、北海道から麺を持ち帰って、九州の名店御用達の製麺屋慶史さんに依頼して作ったもの。ちなみに、同じくインスタ情報ですが、この店をオープンするために北海道を訪れ、2日間で15杯のラーメンを食べ歩いたのだそうです。
 

 
チャーシューも表面をよく観察すると炙った形跡が。この香ばしさがさらに食欲をそそるんですよね。別鍋で火を通した食材、生姜、そして味噌。さまざまな味が楽しめました。
 

 
そして、いかにも肉肉しい大きな焼売。箸で割ると、一気に肉汁が溢れてきました。白飯と味噌汁代わりのラーメンのスープ、そして焼売。定食までいただいたような、なんだか得した気分になりました。
 
こちらもお酒の種類とつまみのメニューが豊富。ラーメン取材とは別に、改めて夜ゆっくりと訪れてみようと思います。
 

【麺屋 わがもん 大名本店】
■TEL:092-791-6428
■住:福岡市中央区大名1-8-33
■営:11:00〜29:00
■休:不定休あり
 

 

【蔵出し味噌麺場彰膳】 トッピングの大きさと選べる味噌に感激の一杯

 
福岡市東区松島、国道3号博多バイパス沿いにある「蔵出し味噌麺場彰膳東福岡店」へ。本店は春日市で、ほかにも福岡市城南区、北九州市にも店舗があります。店舗の壁に大書された「味噌は日本人の宝物」にまず惹かれました。
 

 
メニューの冒頭には味噌の効能が縷々表記されていて、味噌愛があふれています。ここの店の特徴はまず、味噌の種類が選べること。
 

 
濃口の北海道味噌、甘口の江戸前味噌とその中間の信州味噌の3種類からスープが選べます。別の日に伺った城南区のお店では九州味噌、春日市の本店では期間限定で伊勢味噌も選べました。訪れるタイミングで選べる味噌の種類も変わるようです。
 
トッピングも多種多彩。たくさんあるので迷ってしまいそうですが、ちゃんとメニューにそれぞれの味噌に合うトッピングの提案があるので安心です。
 

 
まず見た目のインパクトがすごい。江戸前には全型サイズ(21cm×19cm)のいわゆる板海苔が1枚、丼からそびえ立っています。トッピングの辛味をつけたネギのボリュームも圧倒されます。ネギの下にはもやしもいました。
 

 
江戸前味噌のスープは確かに甘めですが、ネギのさっぱりした辛味との相性が良く、最後まで飽きのこない組み合わせでした。
 

 
そして、北海道味噌にトッピングされたバターがまた他店では見ない大きさ。これ、バター好きにはたまらないと思います。徐々にスープに溶かして味の変化を楽しむといいでしょう。たっぷりのコーンも合わせて、これぞザ・北海道です。
 

 
北海道味噌のスープはバターのおかげで辛さが抑えられてコク旨。こちらも最後までおいしくいただきました。
 
味噌に一晩漬け込み、直火で香ばしく炙った自家製炙りチャーシューも自慢の一品。厚みがあり、豚の脂身から出る甘味も強くて、これだけでも食べに来る価値ありです。
 

さらに!彰膳さんでは椎茸をはじめ、トッピングのきのこを自社栽培しています。こちらが自慢の椎茸を使ったきのこラーメン。

レジ横には、その自社栽培きのこを持ち帰り用にも販売しています。

【蔵出し味噌麺場彰膳】※データは東福岡店
■TEL:092-710-4194
■住:福岡市東区松島3-35-25
■営:月〜金11:00〜15:00/18:00〜21:30 土日祝11:00〜21:30
■休:無休

著者:宮岡朋治 (福岡民放局プロデューサー)