朝夕がひんやり冷え込むようになりましたね。こちらの記事では、これからの季節にはずせない!体がぽかぽか温まるような冬グルメをご紹介します。お出かけの参考にしてみてくださいね。

福岡で“なべ”といえばもつ鍋!にんにく不使用のあっさり系!餃子の皮付 もつ鍋「もつ幸」

福岡市博多区綱場町にある「もつ幸(もつこう)」。40年以上親しまれる老舗店です。
上にのった餃子の皮がインパクト大!もつ鍋(2人前より) 1人前1,100円

こちらのもつ鍋は、新鮮な国産牛のもつ、小腸・センマイ・赤センマイ・ハツと4種が楽しめます。鶏ガラベースのスープで炊いて自家製酢醤油につけて食べるもつ鍋。あっさりしたもつ鍋で、ニンニクを使用していないのが特徴的です。


〆は、ちゃんぽん麺。スープがなくなるまで煮ていき、仕上げに白ごまを投入!もつ鍋には珍しく、スープを最後の一滴まで無駄にせず食べることができます。こってり系やにんにくはちょっと…という方におすすめのもつ鍋ですよ。
 

住所:福岡県福岡市博多区綱場町7-14
電話番号:092-291-5046
営業時間:平日17:00〜23:30(O.S23:00)/土曜17:00〜23:00(O.S22:30)/祝日17:00〜22:30(O.S22:00)
定休日:日曜(日月連休の場合、日曜営・月曜休)
 

立ち食いスタイルの新様式?!SNSで話題の映えレモンもつ鍋「博多もつ鍋 響」

福岡市博多区・中洲と呉服町の間に位置する、とても人気の「レモンもつ鍋店」です。一瞬で目を奪われるレモンイエローがSNSで“映えるもつ鍋”として非常に話題となり、全国から人が集まる予約必須のもつ鍋店となりました。
 
そのレモンもつ鍋がこちら。
1人前1,580円(2人前より注文可)

レモンがお鍋いっぱいに並べられているので、スープがさっぱりとした塩レモン味に。また、ニンニクを使っておらず、匂いも気にせず食べられます。
もつは、国産宮崎牛のもつを使用しておりぷりぷり!〆のちゃんぽんやリゾットまで美味しくいただけます。定番のもつ鍋も人気で、2種オーダーして食べ比べもできます。
 
こちらのもつ鍋は、立ち呑みスペースでもいただくことができるので、サクッと食べたい!という時にもぴったりですよ。
 

住所:福岡市博多区綱場町5-28 さかえビル1F
電話番号:092-281-7755
営業時間:月〜土、祝日、祝前日 17:00〜23:00 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:30) 、日曜 17:00〜22:00 (料理L.O. 21:00 ドリンクL.O. 21:30)
定休日:なし
 

福岡といえば水炊きも!しっとり落ち着く店内空間で極上の水炊きが味わえる「博多水たき 濵田屋」

呉服町駅・祇園駅・中洲川端駅のちょうど中間辺りに位置する濵田屋。
広々とした店内は、テーブル席と個室(テーブル席と掘りごたつ席)を完備。1席1席余裕を持ったテーブル席では、気兼ねなく料理も会話も楽しめます。


濱田屋の美味しさの秘密は、スープとこだわりの素材。新鮮な鶏ガラをたっぷりと使い、短時間で一気に炊き上げた透明なスープは、鶏のエキスが溶け込んだコク深い味わい。


鶏は、臭みが無く鶏の旨みが存分に感じられる「生後90日の赤鶏」を使用しており、細部までこだわった至福の味が楽しめます!
会食にもおすすめのスポットですよ。
 

住所:福岡市博多区住吉1-1-9 RJRプレシア博多201
電話番号;092-292-8412
営業時間: 11:30〜15:00(O.S.14:00)/17:00〜22:00(O.S.21:00)
定休日:不定休
 

はふはふしながら食べたい!黒光りのつゆにゴロゴロしたお肉と生姜!「肉肉うどん」

こちらのお店は、福岡県を中心に展開する「元祖 肉肉うどん」さん。40年以上前、福岡県北九州市の小倉が発祥の地とされ、一部のエリアでしか食べられていなかったうどんを博多で進化させたお店です。

肉肉うどん680円+トッピング肉W330円+生姜普通
 
見た目は福岡ではなじみのない黒いスープ、ゴロゴロとした角切りの肉が特徴的。「一瞬味が濃いのかな⁈」って思いますが、食べてみると意外と濃くなく、あっさりとしており生姜が効いて味をしめています。麺も太麺で、肉とスープのインパクトに負けていません!
肉肉白めしセット(定食)(780円)を頼んで、最後はおじや風orお肉を白ごはんにのせて肉肉丼にして楽しむのアリですね。
 
【元祖 肉肉うどん 薬院店】
住所:福岡市中央区渡辺通2-8-1 王丸ビル1F
電話番号:092-713-9888
営業時間:11:00〜24:00
定休日:不定休

 

 

冬に食べたいピリ辛!干し海老&肉味噌香る担々麺「しま屋」

博多区冷泉町のオフィス街にあり、地元サラリーマンからも絶大な支持を得ている人気店「しま屋」。以前は、博多区上呉服町にあった老舗店が、2021年に現在の冷泉町に移転オープンして、「あの担々麺がまた食べられる!」と担々麺ファンが喜んでいます。
 
その大人気の担々麺がこちら!
担々麺(並) 800円
 
しま屋の担々麺の特徴は、干し海老がしっかり香って、一口目からピリ辛で美味しいっちゃん!具材は小松菜にゆで卵、肉味噌、ネギ。肉味噌を溶かすとまたスープの味が変わるから、全部飲み干してしまうほど。
麺は中細でスルスルといけちゃいます。サービスセットにすると、小ライスかおにぎりがつきます。最後にライスを浸して食べるのもおすすめですよ。
 

住所:福岡県福岡市博多区冷泉町9-1
電話番号:092-291-8101
営業時間:11:00〜15:00/17:00〜21:00 (土・祝11:00〜19:00)
定休日:日曜
 

 

長さ32cmのごぼ天⁈ 半世紀に渡り福岡で愛される「博多やりうどん」

こちらのお店は、昭和42年に創業した歴史あるうどん店。福岡市中央区・天神の西鉄福岡天神駅や福岡空港など4店舗展開しています。
 
ダシの効いた旨いスープ、もちっとした柔らかい麺、これぞ博多のうどんです!駅や空港、商業施設内にあり「身近なうどん屋さん」として、福岡の人たちに親しまれています。

地元で長年愛され続ける博多やりうどんの、名物メニューがこちらです。
名物!博多やりうどん 764円
 
槍に見立てたごぼ天は、長さ32cmと言われていますが、実際に測ってみると、なんと35cm超え!昨今は、SNS映えメニューとしても人気です。
この長さゆえ、最初はそのままサクサク、ダシにつけて柔らかく、いろいろな食感を楽しめます。アルコールやおつまみメニューも豊富で、ちょい飲みもできます。
 
【博多やりうどん 福岡店】
住所:福岡市中央区天神2-11-2-2 
電話番号:092-716-2323
営業時間:7:30〜21:00 (日曜8:30〜21:00)
定休日:なし

 

 
 
福岡に住んでいると「年中食べているよ!」という方ももしかしたら多いのでは?!というラインナップですが、冬に特に食べたくなる温かい食べ物をご紹介しました。ぜひこれからの時期のお出かけの参考にしてみてくださいね。

著者:フクリパ編集部 (福岡を今よりもっと良い街に!)