ゴロ率が高くヒットも量産する“イチロースタイル”「不可能を可能にした」

 マーリンズからフリーエージェント(FA)となり、メジャー18年目のシーズンへ向けて移籍先を探しているイチロー外野手。2001年に渡米してから、今季まで通算2636試合に出場し、史上22位の3080安打をマークしてきた。同21位のキャップ・アンソン(3081安打)とは1差。さらに同20位のデーブ・ウィンフィールドは3110安打、同19位のアレックス・ロドリゲスは3115安打で、イチローが来季も米国でのプレーを続けることができれば、さらにランキングを上がっていくことは間違いない。

 そんな安打製造機について、米データサイト「ファングラフス」は「イチローは不可能を可能にした」とのタイトルで特集記事を組んでいる。ゴロ率が高いわりに、フェアゾーンに飛んだ打球の打率が高いことに注目。日本から海を渡り、スタイルを変えずに結果を残した稀有な存在だとしている。

「ファングラフス」はまず「多くの打者が日本からMLBに来たが、イチローは他の誰とも異なり、北アメリカに定着してきた」と指摘。今季を見てみても、MLBは44%、NPBは48%と、日本の方がゴロ率が高いことを紹介した上で「しかし、この手法は太平洋の向こうではあまりうまく機能しない」としている。つまり、ゴロを多く打つスタイルは、メジャーではいい結果に繋がらなというのだ。特に、メジャーリーグでは近年、打者はフライを打つ技術が重視されている。ただ、「イチローには当てはまらなかった」という。

 記事ではまず、NPBの野球スタイルについて「ユニークだ」と分析。2016年の中島卓也(日本ハム)のゴロ率が74.4%を記録したことは「驚異」だと表現している。さらに「各年のNPBゴロ率は47%と48%の中間であり、MLBが毎年記録する44%〜45%よりも上回っている」というデータを紹介。その上で、ゴロにおけるBABIP(Batting Average on Balls In Play、本塁打を除いてグラウンド内に飛んだ打球が安打になった割合)が、NPBでは.245、MLBでは.241であることから「日本人選手はゴロでより頻繁に出塁している」と、リーグの傾向の違いを指摘している。

特筆すべき一塁到達タイム「イチローはMLB史上最も速い男」

 その理由として、日本にはメジャーリーグのような守備シフトがないこと、そして内野守備のレベルがメジャーに比べて低いことなどが考えられると指摘。「どのような理由にしても、NPBからMLBに来て、ゴロに頼る選手は一般的に成績に苦しむ」としている。

 例として挙げられているのが、ロッテからツインズに移籍した西岡剛内野手(現阪神)だ。記事では、西岡が「両リーグでゴロに非常に頼っていた」として、渡米前年に打率.346、出塁率.423、長打率.482を記録していたが、メジャーでは2シーズンで打率.215、出塁率.267、長打率.236に終わったことに言及。「しかし、これにより、MLBではより大きな痛手を受けた」と結論づけている。

 一方で、イチローは初年度からリーグトップの242安打を放ち、打率.350&56盗塁もリーグ1位の数字をマーク。メジャーを驚かせると、その後も圧倒的な数字を残し続けた。イチローも「(ゴロを多く打つ他の打者と)同様の理由で失敗するはずだった」というが、なぜ成功することができたのか。

「ファングラフ」では「最初の4シーズン、イチローのBABIPは.333を下回ることはなかった。このリーグの平均BABIPは約.300、エリート選手のBABIPは一般的に.300を超えていた」と、いかに優秀であったかをデータを交えて分析。その理由の1つとされているが、圧倒的なスピードと打ってから走り出すまでの速さ。最盛期の一塁到達タイムが3.75秒を下回っていたことに触れ「イチローはMLB史上最も速い男だったかもしれないと言っても、言い過ぎではないだろう」と絶賛している。ただ、この他の理由は明示されておらず、いかに特異な存在であったかということが分かる。

「日本から来た多くの打者はイチローに似たプロフィールを持っていた。しかし、誰もイチローのように成功を維持することが出来なかった」

 イチローはまさに「不可能を可能にした」男。ゴロ率の高さを「有効活用した」ことで、メジャー史に名を残す打者となったという。唯一無二の“イチロースタイル”で成功を収める打者は、今後もメジャーに現れることはないのかもしれない。(Full-Count編集部)