16年ぶりにシーズン勝ち越しとなる73勝65敗5分の貯金8

 3位からの下克上で19年ぶりに日本シリーズに進出したDeNA。2年目となったアレックス・ラミレス監督の下で、更なる成長を感じさせる1年を送った。今永昇太、ルーキーの濱口遥大、ジョー・ウィーランドと3投手が2桁勝利を挙げ、宮崎敏郎は首位打者、ホセ・ロペスは最多安打と打点王のタイトルを獲得。2年連続で3位に入ってクライマックスシリーズに出場すると、阪神、広島を打ち破り、日本シリーズに駒を進めた。日本一は逃したものの、ソフトバンクとも激戦を展開したDeNAの2017年を、10個のニュースとともに振り返ってみよう。

◯3者連続本塁打サヨナラ勝ち

 8月22日の広島戦(横浜)で、プロ野球史上初となる“伝説”が生まれた。3点ビハインドで迎えた9回、ミラクルが起きた。走者を1人置き、まずは筒香嘉智が2ランを放って1点差。続くホセ・ロペスが24号ソロを放って追いつくと、宮崎敏郎にも左越えのソロ本塁打が飛び出した。まさかの3者連続本塁打でサヨナラ勝ち。これは長い球界の歴史でも初の快挙だった。

○3試合連続サヨナラ勝ち

 3者連発でサヨナラ勝ちした8月22日の広島戦を皮切りに、8月23日、24日の同戦でもサヨナラ勝ちを飾った。これはプロ野球15度目、セ・リーグでは9度目だった。23日は延長10回裏に梶谷がサヨナラ適時二塁打、24日は倉本がサヨナラ適時内野安打を放った。

○16年ぶりの勝ち越しで3位に

 今季は73勝65敗5分の貯金8で、69勝67敗4分だった2001年以来、16年ぶりとなるシーズン勝ち越しを達成。昨季、球団史上初めてAクラスに入ってクライマックスシリーズ進出となったが、今季は2年連続の3位となり、再びクライマックスシリーズに駒を進めた。

高卒ルーキーの細川成也が初打席初本塁打の偉業達成

○泥試合

 2年連続で進出したクライマックスシリーズ。阪神とのファーストステージ第2戦は雨中の戦いとなり、内野グラウンドが水浸しの状態で試合は進んだ。田んぼ状態の中で、両軍ユニホームを泥だらけにして戦って、13-6で勝利。これでシリーズの流れが変わったのか、初戦に敗れていたDeNAが3戦目も勝利し、ファイナルステージ進出を決めた。

○下克上、19年ぶり日本シリーズ進出

 阪神を破って勢いに乗ったDeNAは、広島とのファイナルステージも制した。初戦には敗れたものの、2戦目から4連勝。3戦目と4戦目の間に2日間の雨天中止を挟んだが、その勢いが陰ることはなかった。ソフトバンクとの戦いとなった19年ぶりの日本シリーズも息詰まる熱戦を展開。3連敗で迎えた第4戦でルーキー濱口遥大投手が8回途中までノーヒットに封じる好投を見せて勝利すると、第5戦も連勝。第6戦で延長の末に力尽きたが、十分に見せ場を作るシリーズだった。

○新星現る

 シーズン終盤、彗星のごとく現れたのが、ドラフト5位ルーキーの細川成也外野手だった。明秀日立高から入団した19歳は10月3日の中日戦でプロデビューを飾ると、初回の第1打席でいきなりバックスクリーンへの3ラン。プロ初打席で初安打、初本塁打、初打点、初得点となり、プロ初打席本塁打は史上61人目、高卒新人では6人目の快挙だった。ポストシーズンでもメンバー入りを果たし、クライマックスシリーズ、日本シリーズでも安打を放った。

○ハマの“プーさん”が大ブレイク

 今季、最も躍進を遂げたのが、宮崎敏郎だろう。昨季主力となるところまで成長した宮崎。今季は三塁手として定位置を獲得。筒香嘉智に続く5番を任されると、128試合に出場して480打数155安打15本塁打62打点、打率.323をマーク。自身初タイトルとなる首位打者に輝いた。ニックネームは体型と風貌から「ハマのプーさん」。

観客動員は球団史上最高となる197万9446人を記録

○打者顔負けの助っ投

 マリナーズから今季加入したジョー・ウィーランド投手。21試合に先発して10勝2敗、防御率2.98の好成績をマークし、DeNAの躍進を支える1人となった。ただ、右腕が貢献したのは投球面だけにあらず。48打数11安打、打率.229、12打点と投手としては高い打率をマークし、なんと3本塁打も放った。

○過去最高の観客動員を記録

 様々な施策や、チーム成績も向上していることから、今季は球団史上最高となる197万9446人の観客動員を達成。観客席の稼働率は驚異の96.2パーセントを記録し、71試合中63試合が大入り満員となるなど、ベイスターズ人気の高まりを感じさせる1年となった。

○阪神・大和がFAで加入、尾仲が人的補償

 阪神から国内FA権を行使した大和内野手を年俸1億円の3年契約で獲得。背番号は「9」となった。これに伴い、阪神は尾仲祐哉投手を人的補償で獲得。2016年のドラフト6位で入団した尾仲は今季1軍でも11試合に登板していたが、わずか1年で新天地へと移ることになった。(Full-Count編集部)