昨オフに変動制7年契約を結び、今季の出来高が来季の基本年俸に上乗せされる

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が23日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、4000万円増となる年俸6億1000万円で来季の契約にサインした。6億1000万円は2002年の松井秀喜氏(巨人、6億1000万円)に並ぶ日本人野手史上最高年俸となった。(金額は全て推定)

 柳田は昨年オフに年俸5億7000万円で7年契約を結び、今季がその1年目。年俸は変動制で、シーズンの結果に応じた出来高分が翌年の基本年俸に上乗せされるという破格の契約を結んでいた。今季はチームの中心として119試合に出場して打率.342、29本塁打86打点と好成績を残し、最多安打のタイトルを獲得した。

 チームの3年ぶりのリーグ優勝、4年連続の日本一にも貢献し、自身2度目となるパ・リーグMVPにも輝いた。これまでの日本人野手最高年俸は松井氏の6億1000万円。投手も含めた日本人最高は佐々木主浩氏(横浜、2004年と2005年)、今季の菅野智之投手(巨人)の6億5000万円となる。

 交渉後の会見では「1年間よくやってくれたと言っていただきましたし、MVPを取れたところも評価していただきました。少し上がりました。大台に乗ったくらいですね」と語った。チームの2年連続リーグ優勝と5年連続日本一がかかる来季に向けて「またイチから強い体を作って、リーグ優勝と日本一目指して頑張ります」と意気込んでいた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)