ロッテは益田、阪神は西勇の2億円が最高額、オリックスは吉田正が未更改

 2021年を迎え、新たな1年が始まった。プロ野球界でも選手たちの自主トレがスタートし出している。今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、海外での自主トレが行えないため、これまでグアムやハワイなどの南国で自主トレを行っていた選手たちも国内での自主トレを余儀なくされている。

 オフシーズンで話題の中心となる各球団の契約更改もほぼ終了。ごく一部の選手を残し、ほとんどの選手が今季の契約にサインを終えている。では、各球団の最高年俸選手は誰になるのだろうか。ランキング形式で見ていこう。(金額は全て推定)

10位:益田直也(ロッテ)西勇輝(阪神)増井浩俊&吉田正尚※(オリックス)2億円

 ロッテの益田と阪神の西勇、オリックスの増井が2億円で並び、これが各球団の最高年俸選手のうちで10位タイとなる。オリックスでは昨季首位打者となった吉田正がまだ更改を終えていない。昨季の年俸は増井と同じ2億円だったが、ここからのアップは間違いなく、球団トップに浮上するだろう。

9位:山崎康晃(DeNA)2億8000万円

 昨季40試合で0勝3敗6セーブ、防御率5.68に終わり、プロ入り後初めてのダウンとなる7000万円減で契約を更改した山崎。ただ、2億8000万円は球団では依然としてトップで12球団全体では9番目となった。
 
7位:増田達至(西武)大野雄大(中日)3億円
 
 西武の増田と中日の大野雄はともに今オフ、FA権を取得。増田は権利を行使して残留、大野雄は権利を行使せずに残留し、増田は1億1000万円増、大野雄は1億7000万円増と、それぞれ大幅なアップでサインした。

ポスティングでメジャー挑戦目指す菅野は巨人残留なら日本人最高年俸更新が確実?

6位:鈴木誠也(広島)3億1000万円

 昨季は118試合で打率.300、25本塁打75打点と広島打線の核として結果を残した鈴木誠。5年連続でベストナインに選出され、4度目のゴールデングラブ賞も受賞した。オフの契約更改では3000万円増の3億1000万円でサインした。

5位:中田翔(日本ハム)3億4000万円

 昨季は108打点で自身3度目となる打点王に輝いた中田。本塁打もリーグ2位の31本を放ち、オフの契約更改では5000万円増の3億4000万円で契約を結んだ。 

2位:坂本勇人(巨人)浅村栄斗(楽天)山田哲人(ヤクルト)5億円

 2位の5億円では3選手が並んだ。巨人の坂本は2018年オフに5年契約、楽天の浅村も西武からFAで移籍した2018年オフに4年契約をそれぞれ結んでおり、2人は現状維持に。FA権を取得して動向が注目されていた山田は権利を行使せずに残留を決断。現状維持の年俸5億円で7年契約を結んだ。

1位:柳田悠岐(ソフトバンク)6億1000万円

 12球団で現時点でトップとなるのは柳田の6億1000万円だ。2019年オフに年俸5億7000万円の7年契約を結んだ柳田だが、この契約は変動制。その年の出来高分が上乗せされて翌年の基本年俸になる。昨季は打率.342、29本塁打86打点でリーグMVPにも輝き、4000万円増の6億1000万円で更改した。

番外:菅野智之(巨人)6億5000万円※

 ポスティングシステムを利用してメジャーリーグ挑戦を目指している巨人の菅野。昨季年俸は12球団トップの6億5000万円だった。メジャー球団との契約がまとまらず、巨人に残留となれば、更なる年俸アップは確実か。6億5000万円は歴代日本人トップタイで、アップすれば、歴代単独トップとなる。(Full-Count編集部)