ア・リーグMVP&新人王を獲得した01年ではなく262安打を放った04年を選出

 MLB公式サイトはオフの企画として各球団のポジション別で「最高のシーズンを送った選手」を選出。マリナーズの右翼手部門では自己最高打率.372をマークした2004年のイチロー氏が堂々の選出された。

 今回の企画は「各ポジションの最高選手」ではなく「各ポジションで最高のシーズンを送った選手」を同サイトが独自に選出しベストナインを発表している。マリナーズの“史上最高の年間成績”を残した右翼手部門にはイチロー氏の名前が刻まれた。

 通算成績などは全く無視した形となっておりシーズンで最高の成績、結果を残した選手を選考。マリナーズの右翼手ではイチロー氏が選出されたが、ア・リーグMVPや新人王など数々のタイトルを獲得した2001年ではなく自己最高打率.372をマークした2004年が選ばれている。

 その理由については「なぜなら彼はジョージ・シスラーが84年間保持していた年間最多安打を破る262安打を放った。その一方で、彼は自己最高となる打率.372でメジャートップの成績を残した」と指摘。長年、破られることがなかった大記録を更新した功績を評価し、最高のシーズンは2004年と位置づけている。

 また、中堅部門では打率.304、56本塁打147打点をマークした1997年のケン・グリフィーJr.、遊撃手部門では打率.358、36本塁打123打点を記録した1996年のアレックス・ロドリゲスらが選出されている。(Full-Count編集部)