松坂は日米170勝、内海は134勝…ベテランの奮起にも期待

 2020年はリーグ3連覇を逃した西武。出直しの21年は、一にも二にも、チーム防御率が3年連続リーグワーストに沈んでいる投手陣の強化が求められる。そこで、今季復活が期待される5投手をピックアップ。日米通算170勝の松坂大輔投手をはじめ、実力通りの成績を残せば、それだけでチームにとって大きな戦力アップとなる選手が揃う。

〇松坂大輔投手

 NPB現役で1980年度生まれの“松坂世代”は、ソフトバンク・和田と合わせて残り2人となった。14年ぶりに西武に復帰した昨年は、春季キャンプから順調に仕上げ、開幕ローテ入りが内定していたが、コロナ禍で開幕が延期されると状態が悪化。首の痛みや手のしびれを訴え、7月には原因となっていた頸椎の手術に踏み切り、結局1軍登板なしに終わった。球団は復活を信じて1000万円減の今季年俸2000万円(金額は推定)で1年契約を結び、本人も「メットライフドームでの勝利」を今年の目標に掲げた。2軍スタートが確実な春季キャンプでどこまで調整できるか。

〇内海哲也投手

 通算134勝。炭谷銀仁朗捕手のFA移籍に伴う人的補償として巨人から加入して以降、19年は左前腕を痛めて1軍登板なし。昨年は移籍後初勝利を挙げたものの、4試合の先発で1勝2敗、防御率4.26にとどまった。減額制限(年俸1億円以下は25%)いっぱいとなる1875万円減の今季年俸5625万円(金額は推定)で現役を続行。4月には39歳となるが、過去2桁勝利7度の実績を誇る左腕へ寄せられる期待は大きい。

佐野、武隈に左腕不足を埋めてほしい

〇多和田真三郎投手

 18年に16勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得し、翌19年の開幕投手を務めたが、同年9月に自律神経失調症を発症。昨年は1軍登板なしに終わり、オフにいったん自由契約となった上で、背番号「118」の育成選手として契約を結んだ。渡部久信GMは「まずは体を治すことが先決」と慎重な姿勢を強調するが、実力者だけに体調さえ戻れば支配下登録、1軍復帰まで見えてくる。

〇佐野泰雄投手

 19年には主に中継ぎとして自己最多の44試合に登板し、2勝2敗、防御率4.39をマーク。昨年も7月28日に1軍昇格を果たし、8試合で防御率1.35と存在感を示したが、左肩広背筋の肉離れで戦線を離脱。そのままシーズンを終えた。500万円減の今季年俸1800万円(金額は推定)でサイン。左腕不足に悩むチームにあって、首脳陣が最も復活を当てにしている投手だ。

〇武隈祥太投手

 15年に67試合、16年にも64試合に登板した中継ぎ左腕。昨年は古傷の股関節の状態が悪く、1軍ではわずか3試合登板、防御率22.09(投球回数3回2/3、自責点9)に終わった。2軍でも21試合2勝1敗3セーブ、防御率4.07。2600万円減の今季年俸2200万円(金額は推定)でサインし、31歳で“がけっぷち”の14年目を迎える。(Full-Count編集部)