野球YouTuberめいちゅんに野球解説者・野口寿浩氏が熱血指導「勉強になります」

 球速200キロを超える剛速球も“ビタ止め”するギャル系野球女子YouTuber・めいちゅんに、元プロ野球捕手が“ガチ指導”した。ヤクルトや日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で通算21年にわたって捕手として活躍した野口寿浩氏が、めいちゅんの捕球技術を視察。野球女子としてレベルアップを目指すギャル系野球女子に捕球、スローイングの極意を伝授した。

 まずは“本職”の捕球技術。めいちゅんの捕球を間近で見た野口氏は、ミットを構える際に体の正面が右翼方向を向いていること、捕手ミットを構えた時にミットが下を向いていることをズバリ指摘した。

「構えた時に肩のラインが斜めを向いているでしょ? 体の向きは投手に真っすぐに。そうすると、投手は投げやすいです。あとはボールを捕る時の構えの段階でミットが下を向いている。理想は捕球面を投手へ見せてあげること。そうするとミットが丸く見えて的になりやすい」

 元プロ野球選手のアドバイスに、めいちゅんは即実践。野口氏は「あとは出来ています。実際に投手が投げたら、こっちの方が投げやすいなという感じになりました」と太鼓判を押した。めいちゅんが打ち明けた「体を大きく見せるために中腰というか、少しお尻を上げるんです。それで体がブレてしまうことがある」との“お悩み”に、野口氏は「安定感を出すには足の歩幅を広げること。靴一足分ぐらい。ただ、体を大きく見せることは意識しすぎない方がいいかもしれない」と助言した。

めいちゅんも野口氏の“金言”に感謝「もっとスキルを向上させたいので。ためになります」

 二塁送球を想定したスローイングでは野口氏の指導は熱が入った。めいちゅんが「(送球に入るまで)足の運びが遅い」と悩みを打ち明けると、野口氏は「その場で回転して投げているだけなので(送球に)強さが出ない」と指摘。実演して上達のポイントを指摘した。

「右足がカギになるんです。投げに行く時に右足を前に。前に前に入っていく感じ。試合になった時はパーンと出ていかないといけない。そのために足首でぴょんと飛んであげるイメージです」

 野口氏は現役時代に捕手として836試合出場。日本ハム時代の1998、2000年にリーグトップの盗塁阻止率を記録した元プロ野球捕手だ。数々の“金言”に、めいちゅんは「私は動きが硬くてロボットみたいなんですけど、(野口氏は)本当にスムーズです。すごい柔らかい。捕るにしても足の運びにしても動きがスゴいです。勉強になります。ありがたいです。もっとスキルを向上させたいので。ためになります」と頭を下げた。野球での技術向上を目指しているだけに、目からウロコが落ちる体験となったようだ。(小谷真弥 / Masaya Kotani)