西武含めた6球団の宮崎キャンプが無観客開催の措置

 西武は15日、2月1日から宮崎県日南市南郷町で実施する春季キャンプについて、政府の緊急事態宣言と宮崎県の緊急事態宣言の双方が解除されるまで無観客で実施することを発表した。西武のほか、宮崎でキャンプを実施するソフトバンク、オリックス、巨人、広島、ヤクルトの5球団も同様の措置をとる。

 無観客での実施決定を受け、キャプテンの源田壮亮内野手が球団を通じてコメントを発表。「毎年、南郷スタジアムには多くのライオンズファンが駆け付けてくださり、日々あの温かい応援を聞いて『今日も頑張ろう』と思っていました」と例年の景色を回顧。「キャンプインして、ファンの皆さまがいない球場を見て改めて“寂しさ”を実感すると思います」と気持ちを吐露した。

 不透明な状況は続くものの「一日でも早く、この事態が収束することを願いながら、ファンの皆さまとお会いできる日を楽しみにしております」と強調。飯田光男球団本部長も「我々には『無事キャンプを迎え、そして春季キャンプの中で、日本一に向けてよりレベルアップしていく』『無事に開幕する』という使命があります」と苦渋の決断を語った。(Full-Count編集部)