昨季は17盗塁目まで成功率100%、打撃に課題もプロ入り最多20盗塁

 昭和の福本豊、平成の松井稼頭央、そして令和の周東佑京……。スピードに長けた選手たちは、いつの時代も野球ファンの心をわくわくさせてくれる。昨シーズンは周東に加え、ロッテの和田康士朗外野手の台頭もあり、例年以上に足の速さや積み上がる盗塁数が話題になった。そして2021年シーズン、注目してほしい若きスピードスターがもうひとり。オリックス・バファローズの佐野皓大外野手だ。昨季の名場面をまとめた動画とともに佐野の魅力に迫る。

 野手転向3年目だった昨季。シーズン前半は主に代走の切り札として起用された。その期待に応えるように開幕から盗塁を成功させ、17盗塁目まで成功率100%。9月に入ると、昨オフに断念したスイッチヒッターに再び挑戦し、シーズン終盤の10月以降は「1番センター」でスタメン出場の機会を増やしていった。最終成績は打率.214と打撃に課題を残したが、プロ入り最多の20盗塁(盗塁刺4)を記録している。

 佐野の魅力は成功率の高い盗塁だけではない。際どいタイミングでもセーフになる巧みなスライディングも見どころだ。足の速さ、瞬時の判断力を兼ね備えた昨季の好スライディングを振り返ってみよう。

レギュラーに定着なら低迷脱却を目指すオリックスの大きな戦力に…

 まずは、10月7日のロッテ戦の3回表。出塁した佐野は、続く福田周平内野手の右翼線への当たりで一気に三塁を陥れると、右翼手のマーティン外野手のファンブルを見逃さなかった。いったん緩んだ足取りは再加速。強肩が売りのマーティンの返球をかわしてホームへ滑り込んだ。

 続いては1番・佐野、2番・T-岡田外野手が機能した10月23日のロッテ戦を取り上げる。1回裏の犠飛、4回裏の適時打といずれもT-岡田が佐野を還す形で得点。どちらの場面も右翼の福田秀平外野手が好返球を見せるが、佐野は針の穴を通る糸のごとく、スルッとかいくぐる。打ったT-岡田はこの日のヒーローインタビューで「なんとかバットに当てたら還ってくれると思ったんで……。佐野さまさまです」と白い歯を見せていた。

 最後は、11月4日の楽天戦の8回裏。6-6の同点で迎えた2死一、二塁の場面で、モヤの一、二塁間への当たりで二塁走者の佐野は当然のように生還した。内野安打でホームインというギリギリのプレーのはずなのに、捕手をかわしてベースを左手で触る冷静さ。「神走塁」の表現が大げさにならないプロのプレーだった。

 182センチ、73キロの手足がすらっとした体型にオールドスタイルの着こなしもあって、佐野が駆ける姿には美しさも感じられないだろうか――。屈指のスピード、大きなストライド、相手をさらっとかわすスライディング。一芸に秀でた佐野がレギュラーに定着できれば、低迷脱却を目指すオリックスにとって大きな戦力になる。盗塁王の周東を脅かすほどのブレークを期待したい。(「パ・リーグ インサイト」菊地綾子)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)