斎藤は正念場、同級生大石も期待は大きい

 プロ野球も2月1日のキャンプイン間近。ルーキー、若手選手たちは絶好のアピールの機会を今や遅しと心待ちにしていることだろう。

 一方で、レギュラーが確約されていない中堅、ベテランにとっても存在感を発揮する大事な舞台。今季こそ……、今季ダメなら……。ブレイクを期待されながら、なかなか殻を破れない選手たちもいる。ここではそんな正念場を迎えている主な選手をピックアップした。

〇日本ハム・斎藤佑樹投手 
2017:6試合1勝3敗 防御率6.75
NPB通算(7年)74試合15勝23敗 防御率4.24
 昨年は2年ぶりの勝利を挙げたもののわずか1勝止まり。入団から2年間で11勝を挙げ、まずまずの滑り出しを見せたが、ここ5シーズンでわずか4勝では厳しい。“甲子園のアイドル”佑ちゃんももう29歳。注目度は相変わらず高く、周囲の目も厳しい。動くボールの割合を増やすなど、試行錯誤の跡はうかがえる。30歳のシーズン。まさに正念場だ。

〇西武・大石達也投手
2017:20試合2勝0敗4ホールド 防御率0.93
NPB通算(7年):120試合4勝6敗8セーブ10ホールド 防御率3.19
 早大時代の斎藤佑樹の同級生。昨年は中継ぎとしてまずまずの成績を残したが、相変わらず故障がち。5月に首痛。一度は復帰したが、7月に右肩の違和感で登録抹消された後は登板機会がなかった。6球団競合ドラ1の期待に応えられているとは言い難い。今季こその期待はファン、球団共に非常に高い。

“プリンス”に“未完の大砲”、目覚めの時を待つ大砲たち

〇広島・堂林翔太内野手
2017:44試合46打数10安打1本塁打11打点 打率.217
NPB通算(8年)466試合1307打数309安打31本塁打130打点 打率.236
 鯉のプリンスも伸び悩んでいる。昨季は1軍初出場した2012年以降では最小の54打席。外野守備挑戦や、新井に弟子入りしての肉体改造など、シーズン前の期待は高かったが、結果的には期待外れに終わった。広島は内外野共に層が厚く、割って入るには相当なアピールが必要。キャンプから背水の覚悟が必要になる。

〇中日・高橋周平内野手
2017:41試合129打数30安打2本塁打10打点 打率.233
NPB通算(6年)335試合950打数223安打23本塁打101打点 打率.235
 昨年の出場試合数はルーキーイヤーの2012年に並ぶ最少。2軍暮らしも長く、1軍で主軸を打つどころか、1軍定着もままならなかった。飛ばす力は誰もが認める“未完の大砲”。今日1月18日で24歳と若いだけに、きっかけさえつかめば飛躍する可能性は秘めている。

〇DeNA・石川雄洋内野手
2017:63試合167打数41安打2本塁打11打点 打率.246
NPB通算(13年)1078試合3747打数965安打21本塁打212打点 打率.258
 中堅からベテランにさしかかる年齢になった。昨季は63試合の出場で、近年では最少。今季は阪神からFAで大和が加入し、二塁のレギュラー争いはさらに激戦に。通算1000安打までは残り35本。33歳と老け込む年齢ではなく、もう一花咲かせたいところだ。(Full-Count編集部)