エースナンバー「18」は横井千晃投手、高塚南海外野手は「28」

 阪神は20日、阪神タイガース女子硬式野球クラブチーム「阪神タイガース Women」のユニホーム及び背番号が決定したことを発表した。

 監督を務めるのは2008年育成ドラフト1位で入団し2012年までプレーしたOBの野原祐也氏。エースナンバーの「18」は横井千晃投手、女子プロ野球・埼玉アストライアを退団したみなみ(高塚南海)外野手は「28」に決まった。

 チームは2月から活動を開始し4月以降の全日本女子野球連盟及び、関西女子硬式野球連盟主催の各大会に参加する予定となっている。

 全日本女子野球連盟の山田博子代表理事は球団を通じ「本日の阪神タイガース Women入団会見に際し、伝統ある阪神タイガースのユニホームに初めて女性選手が袖を通すことができ、大変嬉しく思います。このようなことは、数年前では想像もできなかったことであり、野球少女たちにとって大きな夢と目標ができました。球団関係の皆様が構想段階から女子野球に対してご理解と想いを持って取り組んで頂いたことに感謝申し上げるとともに今後、関西での女子野球が更に盛り上がることを楽しみにしております」とコメントを発表した。(Full-Count編集部)