2016年日本一も昨季は5位、大谷、増井、大野、マーティンらが退団

 2016年の日本一から一転、開幕から低迷して5位に終わった2017年の日本ハム。投打の軸となるべき大谷翔平が怪我で出遅れ、開幕直後に離脱。中田翔や有原航平らチームの中心選手たちも不振に喘ぎ、4月に10連敗を喫するなど、60勝83敗と大きく負け越した。2016年に激しいデッドヒートを繰り広げたソフトバンクに34ゲームという大差をつけられる、苦しいシーズンとなった。

 チームは変革のタイミングに来ている。シーズン中に谷元圭介投手を中日にトレードで放出。オフには増井浩俊投手がオリックス、大野奨太捕手が中日へ、それぞれFA権を行使して移籍。大谷翔平投手はポスティングシステム(入札制度)を利用してのエンゼルス移籍が決まり、プロ入り前からの夢であったメジャーの舞台へ一歩を踏み出した。

 外国人選手を見てみると、昨季シーズン中にエスコバー、メンドーサの2投手をトレード放出。オフにはマーティンとドレイクが退団し、3年連続30本塁打のレアード1人を残して、助っ人も一新されることになった。

 巻き返しを図りたい2018年は、ドラフト1位で清宮幸太郎が入団し、大きな話題を呼んでいる。助っ人ではトンキン、マルティネス、ロドリゲスの3投手、メジャー通算44本塁打の外野手アルシアと合計4人を獲得。いずれも主力として期待がかかる選手だが、栗山英樹監督はこの3投手2野手の助っ人を外国人4枠の中で、どのように起用していくのだろう。ここでは、2018年の日本ハムの助っ人陣容をおさらいしてみたい。

米144登板のトンキンは抑え、マルティネスとロドリゲスは先発ローテ入りに期待

○新加入
マイケル・トンキン投手
2017(ツインズ)16試合0勝1敗0セーブ 防御率5.14
2017(3A)31試合4勝2敗5セーブ 防御率1.73
MLB通算141試合3勝3敗0セーブ 防御率4.43
3A通算133試合10勝9敗43セーブ 防御率2.41
 2008年ドラフトでツインズに指名された右腕は、メジャー通算141試合の登板数を誇る。常時150キロを超すストレート、ツーシームを武器とし、3Aでは通算133試合で43セーブの成績を残している。オリックスへFA移籍した増井、退団したマーティンの代役として、守護神として期待がかかる。

ニック・マルティネス投手
2017(レンジャーズ)23試合3勝8敗0セーブ 防御率5.66
2017(3A)7試合4勝0敗0セーブ 防御率2.15
MLB通算88試合17勝30敗0セーブ 防御率4.77
3A通算31試合12勝7敗0セーブ 防御率3.33
 2011年のドラフトでレンジャーズ入り。メジャー通算88試合登板のうち68試合で先発している。メジャーデビューを果たした2014年が24試合、2015年は21試合、2016年は5試合、2017年には18試合と先発。大谷が抜けた先発ローテを埋める存在として期待される右腕だ。

ブライアン・ロドリゲス投手
2017(3A)26試合8勝8敗0セーブ 防御率4.90
3A通算45試合13勝18敗0セーブ 防御率5.24
 ドミニカ共和国出身で、まだ26歳と若い身長196センチの大型右腕。メジャー経験はないが、2017年にパドレス傘下3Aで20試合に先発し、8勝(8敗)を挙げている。3A通算でも45登板中38試合に先発しており、マルティネスとともに先発ローテ候補の1人になるだろう。

アルシアは2014年にメジャー20本塁打を放った大砲

オズワルド・アルシア外野手
2017(3A)93試合341打数111安打24本塁打87打点 .326
MLB通算288試合983打数231安打44本塁打131打点 .235
3A通算232試合828打数231安打51本塁打176打点 .279
 ベネズエラ出身の左打者。2007年にツインズに入団し、レイズ、パドレス、マーリンズ、ダイヤモンドバックスを経て、今季から日本ハムへ。2014年にはツインズで103試合に出場して20本塁打を放つなど、メジャー通算288試合出場、44本塁打の実績を持つ。2017年は3Aで打率.326、24本塁打の好成績をマークしており、レアードとともに打線の核を任されるであろう打者だ。

○残留 
ブランドン・レアード内野手
2017:137試合503打数115安打32本塁打90打点 .229
NPB通算(3年)423試合1548打数374安打105本塁打284打点 .242
 2007年にヤンキースにドラフト指名されてプロ入り。アストロズやロイヤルズ傘下、ナショナルズ傘下を経て、2015年に日本ハムに入団。来日1年目に34本塁打を放つと、2年目の2016年には39本塁打で本塁打王を獲得。昨季も打率は.229と来日後ワーストだったが、3年連続30本塁打となる32本塁打を放った。本塁打後の“寿司ポーズ”はファンに定着。4年目の2018年もチームの軸となる存在だ。(Full-Count編集部)