28日に熊谷市内で入団会見を行う

 ルートインBCリーグの埼玉武蔵は24日、楽天から戦力外となっていた佐藤由規投手と契約を結ぶことを発表した。28日に熊谷市内で入団会見を行う。

 2007年のドラフト1位で仙台育英高からヤクルトに入団した由規。1年目の2008年に1軍デビューし2勝をマークすると、2010年には自己最速となる161キロを記録して12勝をマークした。

 2011年以降は相次ぐ右肩の故障で結果を残せず、2015年には育成契約へと変更となった。2016年途中に支配下復帰を果たしたが、2018年オフにヤクルトから戦力外通告を受け、楽天へ育成契約で加入。2019年には支配下に復帰し、1軍登板も果たした。2020年は1軍登板なしに終わり、自身2度目となる戦力外通告を受けていた。(Full-Count編集部)