2017年は球団ワースト記録を更新する96敗を喫したヤクルト

 2017年は屈辱的な1年になったヤクルトスワローズ。2015年にはセ・リーグを制覇したチームが2年後には45勝96敗2分とどん底のシーズンを味わうことになった。借金51。シーズン96敗で球団ワースト記録更新と不名誉な記録まで残ってしまった。

 序盤から主力に故障者が続出。川端、雄平、畠山、小川、秋吉とチームの中心選手が次々に離脱した。5月末から10連敗、7月には14連敗を喫し、復調の兆しもないままに、シーズンが終わった。5位の中日とも15.5ゲーム差という大差をつけられ、ぶっちぎりの最下位だった。

 助っ人勢で言えば、新外国人だったブキャナンがチームで唯一、規定投球回に到達。6勝13敗という数字はチーム成績を考えれば、致し方ない部分もあり、役割は果たしたと言えるだろう。バレンティンも32本塁打を放った。打率.254は物足りないものの、まずまずの成績だったのではないだろうか。

 ただ、期待されたオーレンドルフは1勝も出来ないままに、シーズン中に退団。ギルメットも期待されたほどの結果を残せず、ルーキは22ホールド7セーブを挙げたものの、契約更新とはならずに退団となった。リベロ、グリーンの野手2人は目立った活躍もなく、チームを去った。

カラシティーは2017年に3Aで23セーブ、防御率2.86をマーク

 真中満監督が辞任し、2014年まで指揮を執っていた小川淳司SDが新監督に就任して迎える2018年。メジャー通算120試合登板の実績を持つハフをはじめ、投手3人を補強した。現時点で、野手はバレンティン1人だけとなっており、幾分の物足りなさはあるが、投手4人野手1人の助っ人編成でいかに戦うことになるのだろうか。ここでは、2018年のヤクルトの助っ人陣容をおさらいしてみよう。

○新加入
マット・カラシティ
2017(3A)46試合1勝3敗21セーブ 防御率3.26
MLB通算19試合1勝0敗0セーブ 防御率9.19
3A通算52試合1勝3敗23セーブ 防御率2.86
 2012年にドラフトでロッキーズへ入団。2016年にメジャーデビューを飾り、19試合に登板したものの、2017年は登板無し。3Aではロッキーズ傘下のアルバカーキ、カブス傘下のアイオワでプレーし、計46試合に投げて21セーブ。2014年以降はリリーフを務めており、ヤクルトではストッパーを任されることになりそうだ。

ジョーダン・アルメンゴ
2017(中日)18試合6勝4敗0セーブ 防御率2.30
NPB通算(2年)40試合12勝10敗0セーブ 防御率3.50
 ドミニカ共和国出身の左腕で、昨季まで中日で登録名「ジョーダン」でプレーしていた。ヤクルトでは「アルメンゴ」となる。2004年にダイヤモンドバックスに入団し、2010年には33試合に登板。アスレチックス移籍後の2012年には39試合に投げたが、2013年途中に禁止薬物の購入が発覚したことから50試合の出場停止処分を受けた。その後レイズ傘下を経て、2016年から中日へ。先発、中継ぎ双方でマウンドに上がり、使い勝手のいい助っ人左腕だった。

チーム唯一の規定投球回到達者ブキャナンと、32本塁打のバレンティンは残留

デーブ・ハフ
2017(韓国LG)19試合6勝4敗0セーブ 防御率2.38
MLB通算120試合25勝30敗0セーブ 防御率5.17
3A通算141試合46勝28敗2セーブ 防御率4.06
 2017年は韓国のLGツインズでプレーした左腕。主に先発として19試合に投げ、6勝ながら、防御率2.38と好成績を残した。2006年に全米ドラフト1巡目追補(全体39位)でインディアンスが指名。2009年にメジャーデビューを飾ると、いきなり23試合に先発して2桁11勝をマークしたが、これがキャリアハイの成績。その後はヤンキース、ジャイアンツ、ドジャース、エンゼルスを渡り歩き、メジャー通算120試合に登板したが、目立った成績は残せず、2016年途中にLGツインズに移籍した。メジャーでの120登板のうち、57試合で先発しており、ローテの一角を担う存在として期待される。

○残留
デービッド・ブキャナン
2017:25試合6勝13敗0ホールド 防御率3.66
NPB通算(1年)25試合6勝13敗0ホールド 防御率3.66
 2010年のドラフトでフィリーズに入団。2014年にメジャーデビューし、20試合に先発して6勝をマークしたが、2015年は15試合で2勝止まり。2016年はマイナー暮らしとなったが、3Aで27試合に投げて10勝を挙げた。2017年にヤクルトへ入団。1年目はチームで唯一の規定投球回に到達した。6勝13敗と大きく負け越したものの、25試合中16試合でクオリティースタートを果たしており、これはセ・リーグで7位の多さ。2018年のローテの中心を担う。

ウラディーミル・バレンティン
2017:125試合445打数113安打32本塁打80打点 .254
NPB通算(7年)760試合2589打数706安打217本塁打539打点  .273
 言わずと知れたオランダのキュラソー島出身の大砲で、2018年で来日8年目となる。マリナーズでプロのキャリアをスタートさせ、2009年途中からレッズに在籍。2011年からヤクルトへと加わった。来日1年目から2年連続で30本塁打以上を放ち、2013年にはNPBの歴代最高記録となる60本塁打を記録。2015年こそ故障で15試合出場1本塁打に終わったが、その年以外の6年はいずれも30本塁打以上をマーク。昨季も32本塁打を放っており、2018年も打線の核となる。(Full-Count編集部)