米メディアが続々と速報、現地は早朝にもかかわらずファン反応

 楽天は28日、ヤンキースからFAとなっていた田中将大投手の入団が基本合意したと発表した。ヤンキースの地元ニューヨークをはじめ、米メディアはこのニュースを続々と報道。発表されたのは現地早朝だったにも関わらず、米ファンからは悲しみのコメントが寄せられた。

 田中の8年ぶり日本球界復帰が決まった。地元メディア「NJ.com」でヤンキースの番記者を務めるブレンダン・カティ記者は自身のツイッターで楽天の球団公式ツイートを引用し、「マサヒロ・タナカ:もはやヤンキースの一員にあらず、日本に復帰」と速報で伝えた。

 現地時間は午前4時24分という早朝ツイートだったにもかかわらず、田中の去就に注目していたヤンキースファンは即座に反応。日本人右腕の旅立ちに落胆のコメントを寄せた。

「残念ながらヤンキースはタナカをブロンクスに引き止めることに失敗した」

「この7年、ヤンキースがワールドシリーズ優勝リングを手に入れられなかったことが、とにかく悲しい。だって、彼(田中)は10月に輝いた屈指のピッチャーだったから」

「あの安定した投球が見れなくなるとは」

「ワォ、淋しくなるな」

「悲しい」

 号泣する絵文字を並べるコメントも見られるなど、米ファンは少なからず田中ロスを感じている様子。それこそが、7年間にわたりヤンキースのために全力を尽くした田中のパフォーマンスがファンの心を掴み、愛された証拠かもしれない。(Full-Count編集部)