ソフトバンク柳田を彷彿させる豪快なロングティー

 ロッテの和田康士朗外野手が2年連続の開幕1軍へアピールを続けている。球団公式ツイッターは昨季開幕前に支配下登録された快速男のロングティーに注目。ソフトバンクの柳田悠岐外野手を彷彿とさせる豪快な打撃となっている。

 2017年育成ドラフト1位で入団した和田は昨季71試合出場。代走での出場が多く、打率.203、0本塁打、0打点、23盗塁だった。球団公式ツイッターは「和田康士朗選手の叫び声とスイングをお届け致します」とコメントした。

 ニックネームは柳田に由来する「和ギータ」。本家そっくりの打撃っぷりに、ファンからは「これはロッテの柳田」「あと少しで柳田」「がんばれ和ギータ!」「叫び声がギータみたい」「当てるより振り抜く。大きく成長しよう」「ギータっぽい! イイと思う」「将来ホームラン量産できる」などと激励の声が殺到している。(Full-Count編集部)