工藤監督は空振り三振に終わったドラ3牧原も評価「内容的に悪くなかった」

 ソフトバンクの工藤公康監督が、ドラフト1位ルーキー井上朋也内野手の動きに目を細めた。宮崎キャンプ第3クール初日となった9日、B組では初のシート打撃が行われ、井上は初打席で左前安打を放った。

 このキャンプでA組、B組通じて行われた初めての実戦形式のシート打撃。井上は2年目の育成左腕・大関のスライダーをしっかりと振り抜き、左前安打を放った。プロとして初めてとなる実戦形式の打席で安打を放った。このシート打撃を工藤監督も見守っており、練習終了後に指揮官は称賛の言葉を送った。

「大したものだと思いますし、評価も高い。高校生で練習についてくるのは大変だったり、最初はいけても途中でバテちゃったりするけど、ちゃんと練習にもついていけてると聞いています。意外と体力があるな、と見ています。ナイスヒットだと思います。内容もあったし、しっかり振れているし、(他の選手に)見劣りしていない」

 まだプロとしてスタートを切ったばかりの18歳だが、その工藤監督もその非凡さを感じた様子。また、指揮官は「牧原くんも内容的には悪くなかった。あとは慣れですかね」と、この日は空振り三振に終わった同3位の牧原巧汰捕手のことも名前をあげて評価していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)