1日限定でA組に参加し、牧原巧はシート打撃で杉山から安打も放つ

 ソフトバンクの工藤公康監督が宮崎キャンプ第3クール最終日となった11日、A組に1日限定で合流したルーキー2人を絶賛した。

 この日、主力が集うA組に参加したのはドラフト1位の井上朋也内野手と同3位の牧原巧汰捕手の2人。工藤監督が「スイングも素晴らしかったので、(小久保)ヘッドコーチ含めて1度見てみたいということで呼びました。その通りに素晴らしいスイングをしてくれた」と大絶賛の1日となった。

 ウォーミングアップから先輩たちにまじり、汗を流した井上と牧原巧。この日行われたシート打撃では井上は二保旭投手、杉山一樹投手、牧原巧は嘉弥真新也投手、石川柊太投手、そして杉山と対戦。それぞれが積極的にボールに対してスイングにいき、牧原巧は第3打席で杉山から“プロ初安打”となる左前安打を放った。

 この日だけの“1日体験合流”だった2人だが、非凡さを見せつけ、首脳陣にもインパクトを与えた。工藤監督も「大したもんだなって思いました。普通なら最初は見ていきますけど、最初からいけるのは凄い。コーチ陣も『さすが』と言っていましたし、素晴らしいと思います」と称賛していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)