昨季は夏場まで首位も…急失速で優勝を逃した楽天の鍵握る若手選手

 2018年のプロ野球シーズン到来が、ついに目前に迫ってきた。12球団が一斉にキャンプインする2月1日まで、あと1日。いよいよ球春到来。ファンにとって待ちに待った季節がやってくる。

 去る2017年。夏場までパ・リーグを盛り上げたのは、楽天の存在だった。開幕から好調を維持し、ウィーラー、ペゲーロ、アマダーの助っ人トリオを中心に首位を快走した。だが、夏場に故障者が重なったことなどもあって急失速。ソフトバンクだけでなく、西武にもかわされ、結局、3位でペナントレースを終えた。

 クライマックスシリーズでもファイナルステージに進出し、2連勝スタートを切ったものの、そこからの3連敗で敗退。レギュラーシーズンも、ポストシーズンも悔しさの残る結末となった。2018年は、日本一となった2013年以来のリーグ制覇に再度挑む1年となる。

 その楽天の春季キャンプは、1軍、2軍ともに、まずは沖縄の久米島(1軍は久米島野球場、2軍は仲里球場)でキャンプイン。1軍は2月11日まで1次キャンプを行うと、2月13日からは沖縄本島の金武町ベースボールスタジアムで2次キャンプへ。2軍は18日まで久米島でキャンプを続ける予定となっている。その1軍キャンプには、ドラフト1位の近藤弘樹投手ら5人の新人が抜擢。ここではキャンプで1軍に抜擢された期待の若手(1軍通算10試合出場未満)を紹介していこう。

○近藤弘樹投手(22歳、新人)
 安佐北高から岡山商科大を経て、2017年のドラフト1位で楽天に入団。身長186センチ96キロの恵まれた体格を誇る本格派の右腕で、ストレートは常時140キロ台後半、最速は153キロをマークする。先発ローテの層を厚くする投手として期待され、1軍キャンプスタートとなった。

藤平はルーキーイヤーに3勝、今季はローテに入って活躍を

○藤平尚真投手(19歳)
1軍通算8試合3勝4敗0セーブ0ホールド 防御率2.28
 2018年は開幕からローテを担うべき右腕。横浜高から2016年のドラフト1位で入団し、2年目を迎える。ルーキーイヤーの2017年は開幕こそ2軍で迎えたが、6月に1軍初登板初先発。8月に初勝利をマークし、チームの大型連敗を2度止めるなど、高卒ルーキーらしからぬ堂々たるピッチングを見せた。楽天の未来を背負って立つ右腕である。

○池田隆英投手(23歳)
1軍登板なし
 創価高、創価大を経て2016年のドラフト2位で楽天へ。大学時代はソフトバンクにドラフト1位で入団した田中正義と2枚看板を背負い、最速は151キロの右腕。ルーキーイヤーは1軍登板は無しに終わったが、イースタンリーグで11試合に投げて4勝1敗、防御率2.72とまずまずの成績を残した。ローテ争いに割って入っていきたいところ。

○宋家豪(ソン・チャーホウ、25歳)
1軍登板5試合0勝0敗0セーブ3ホールド 防御率3.86
 2017年終盤に彗星のごとく現れたパワー系台湾人右腕。台湾の国立体育大学から2016年に育成選手として楽天へ。台湾プロ球界の統一からドラフト指名されたが、入団せずに日本プロ球界を目指した。1年目の2016年にイースタンリーグで6勝をあげ、2017年はチャイニーズ・タイペイ代表としてWBCに出場。ファームでの好投が評価され、7月末に支配下契約に。8月に1軍デビューを果たすなど5試合に投げた。ポストシーズンでもメンバー入りを果たしており、2018年の飛躍が期待されている1人だ。

○渡邊佑樹投手(22歳、新人)
 富士学苑高から横浜商科大を経てドラフト4位で楽天入り。ボールの出どころが見えづらそうなフォームから、最速144キロの真っ直ぐやツーシーム、チェンジアップなどを投げ込む左腕。チームにとっては貴重な左投手で、昨季、中継ぎでブレイクした高梨のようにいきなり出番をつかめるか。

○寺岡寛治投手(25歳、新人)
 東海大福岡高から九州共立大、九州三菱自動車、BCリーグの石川ミリオンスターズを経て、ドラフト7位で楽天が指名した。高校時代に肘の疲労骨折を負ったことで、大学では外野手としてプレー。社会人の九州三菱自動車で強肩が目に止まり投手に再転向した。最速155キロのストレートが最大の武器で、即戦力としてリリーフ陣の一角に入ることを期待されている。

東京六大学歴代3位の21本塁打を放った大砲の岩見も1軍でスタート

○今野龍太投手(22歳)
1軍通算8試合登板0勝0敗0セーブ0ホールド 防御率11.17
 岩出山高から2013年のドラフト9位で楽天に入団した右腕。1年目の2014年8月に1軍に初昇格し、初登板を果たすなど5試合に登板。右膝の手術を受けたこともあって2年目を終えた2015年オフに育成契約となったが、2017年4月に再び支配下に昇格。昨季は1軍1試合登板のみに終わったが、最速153キロの真っ直ぐは魅力ありだ。

○堀内謙伍捕手(20歳)
1軍出場なし
 静岡高から2015年のドラフト4位で楽天に入団した3年目を迎える捕手。高校3年の夏には甲子園に出場し、侍ジャパンU-18代表としてU-18ベースボールワールドカップに出場。7試合で打率.438をマークして大会ベストナインとなった。2017年はイースタンリーグ49試合に出場して打率.165。アジアウインターリーグでは16試合に出場して28打数6安打、打率214と打撃に課題を残す。

○山崎剛内野手(22歳、新人)
 日章学園高から國學院大へと進み、ドラフト3位で楽天へ。身長173センチと小柄ながら、東都リーグで通算打率.328の高いアベレージを残してきた期待の内野手だ。バットコントロールに秀で、パンチ力もある。守備力も高く、主に藤田が務めている二塁手の座を争う存在となれるか。

○岩見雅紀外野手(23歳、新人)
 比叡山高から、一浪して慶應大に進み、ドラフト2位で楽天に指名された。4年秋の東京六大学リーグ戦では史上初となる5試合連続本塁打を放つなど、年間でリーグ新となる12本塁打を放った。六大学で歴代3位となる通算21本塁打を誇る期待の和製大砲候補。長距離砲は外国人に頼っている状況にあるだけに台頭を期待したいところだ。(Full-Count編集部)