田中将、菅野はFA市場でバウアーに次ぐ投手だったと指摘

 メジャーリーグのキャンプがいよいよスタートする。球春到来を前に、今オフの移籍市場の“勝者”と“敗者”を米メディアが選定。勝者の一つにNPBを挙げている。ヤンキースからFAになった田中将大投手が楽天復帰、ポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指した菅野智之投手が巨人残留と、注目2投手が日本球界を選択したことを理由にしている。

 フランシスコ・リンドーア内野手のメッツ移籍、ノーラン・アレナド内野手のカージナルス移籍、パドレスの大型補強などが話題となったこのオフシーズン。米メディア「ザ・リンガー」はその動きを振り返り、「勝者」と「敗者」をいくつか紹介。勝者の一つに「NPB」を挙げた。

 記事は、今オフにFA市場に登場した投手で、ドジャースに移籍したトレバー・バウアー投手に次ぐ存在だったのが田中将大と菅野智之だったと指摘。最盛期から遠ざかっていない2投手がNPBに復帰、もしくは残留したことは「驚きだった」としている。

 近年は中堅クラスのFA選手が安定した契約を得るのが難しいこともあり、「NPB球団がMLBのベテラン選手にラブコールをより積極的に送っている」と説明。ぜいたく税の支払い避けようとMLB球団が魅力的なオファーを提示しなかったことで「(日本のエースナンバーを意味する)背番号18に相応しい2投手が、日本でプレーする時間が更に生まれたことを意味する」と伝えている。一方で2人は来オフもMLB球団からのオファーを検討することも可能であることにも言及した。

ダルビッシュらを獲得、大型補強のパドレスGMも「勝者」

 他の「勝者」として、大型補強を敢行したパドレスのAJ・プレラーGMを紹介している。パドレスは今オフ、ダルビッシュ有投手、ブレイク・スネル投手、ジョー・マスグローブ投手をトレードで獲得。野手では韓国プロ野球で活躍したキム・ハソン内野手が加入、ジュリクソン・プロファー内野手と再契約を結ぶなど積極的に動いた。その立役者であるプレラーGMは2026年まで契約を延長した。

 一方、敗者の一つに「ナ・リーグ中地区」を挙げた。昨季地区2位のカージナルスはアレナドをロッキーズからトレードで獲得したが「このやる気のないオフシーズンを挽回するには十分ではない。この地区で本当に勝ちたいチームはいるのか?」と疑問を呈している。カージナルスはアダム・ウェインライト投手と単年800万ドル(約8億4800万円)で再契約、ヤディアー・モリーナ捕手とも再契約を結んだが「それ以外は誰も獲得していない」と十分な補強を行っていない現状を指摘した。

 昨季の地区覇者カブスについてはカイル・シュワーバー外野手の穴を埋めるためにドジャースからジョク・ピーダーソン外野手を獲得した点は評価している。しかし、ダルビッシュの放出は「壊滅的に層が薄いローテーションの補強を無視した」と酷評している。

 また、同4位だったブルワーズの注目すべき補強はカージナルスがオプションを破棄したコルテン・ウォン内野手を獲得したくらいだとも指摘。今季の同地区の勝敗を予想し、1位はブルワーズとカージナルスの79勝83敗で、勝率5割に到達していない。果たしてナ・リーグ中地区は今季どのようの戦いが繰り広げれるのだろうか。(Full-Count編集部)