無死一、二塁で遊直、遊撃手は二塁走者にタッチして一塁に転送

 プロ野球でも滅多に見ることができない「トリプルプレー」。守備側にとって痛快な瞬間の映像が、米国で話題になってる。「NCAA(全米大学体育協会)ソフトボール」の公式インスタグラムが公開した“高速三重殺”に「美しい」「超カッコイイ」などと称賛の声が上がっている。

 NPB選手もびっくりだろう。公開された映像では、無死一、二塁でライナーをキャッチした遊撃手が目の前にいた二塁走者にタッチ。さらに一塁に転送して飛び出していた一塁走者をアウトにしてチェンジとなった。

 わずか3秒ほどの出来事に、実況は「これはトリプルプレーですかね。そうかもしれません!」「毎日見るようなプレーではありませんね」と説明。解説者は「Wow!」と驚いている。ファンも続々と反応。「素晴らしい」「アメージング!」「ヤバイね」「マジで? Wow!」と驚きのコメントを寄せている。(Full-Count編集部)