1988年世代の甲子園出場監督、宮崎商・橋口光朗監督

 52年ぶりの春の甲子園。宮崎商に注がれた拍手は温かった。敗れはしたが、エース・日高大空投手がプロ注目の193センチ右腕、天理・達孝太投手と同じくらいの好印象を残し、グラウンドを去った。今大会最年少の32歳の青年監督でもある橋口光朗監督は就任2年でチームを甲子園に導いた。県立高校のナインたちに甲子園から持ち帰ってほしいものがあった。【楢崎豊】

 ここまで来て、諦めるのか――。0-7となった8回裏の宮崎商ベンチで指揮官はナインに声をかけた。それが号砲となり、3番・中村碧人内野手の適時三塁打で1点を返した。「走者を出すたびに達くんが上手でしたね」と力の差は感じたが、監督の目に、ナインの意地は見えた。

 組み合わせが決まってから、速球対策はもちろん行った。しかし、橋口監督は「どうやって有名なピッチャーを打つのかではなく、まずやっていかないといけないことは守備。そう生徒たちには伝えました」と勝利に一番近い方法は、守りのミスをしないことと、言い聞かせてきた。

 しかし、ミスから失点した。「守備から粘り強くやろうと話してきたんですが、普通に打ち取った打球を前に落とすこともできずにはじいたり……。守備に課題が出たかなと思います」と自分たちの野球ができなかったことを悔やんだ。

 だが、この負けはマイナスなことばかりではない。大会前、橋口監督は甲子園で戦った後の選手たちの変化を楽しみにしているようだった。

「甲子園に来られたのは、やっぱりこの子たちが頑張ってくれたおかげです。勝とうが、負けようが、野球というものがどういうものなのか、肌で感じてきてほしいんですよね」

 橋口監督は宮崎商で甲子園出場こそないが、東洋大に進み、学生コーチも経験。東都リーグだけでなく、大学選手権でも優勝を経験。東洋大では日本ハム、巨人でプレーした乾真大投手と同期で後輩に鈴木大地内野手(楽天)が在籍するなど、多くのプロ野球選手がいる。全国レベルの野球を体感し、多くのプロ選手を間近で見てきた。

 だから、生徒たちに近畿の名門との対戦で、たくさん学んでほしい。将来、大物になるかもしれない相手右腕・達との対戦も成長につなげてほしい。そんな願いがあった。

野球はボールだけを追えばいいスポーツじゃない

「野球って、人間的な部分でも繋がっていると思うんですよね。ボールだけ見ておけばいいスポーツじゃない。だから、野球を通じて、視野の広い大人になっていってほしいんです」

 例えば、部員のロッカーが整理整頓されているかをチェックする。物が散乱している生徒に橋口監督はこう諭す。「そういうところが雑だと、プレーも雑になると思う。色々なところに気を配れるようになると、プレーでも気を配れる」と普段の生活は必ずプレーに直結すると伝えている。

 大舞台を経験した選手たちは何を感じただろうか。エースの日高は「声援も聞こえ、感謝の気持ちを持ってできたのかなと思いますし、課題がたくさん出たので守備、攻撃どちらもレベルアップして夏、帰ってこれるようにしたいです」と胸を張った。支えがあって野球を続けられていることを実感し、全国レベルの野球を体感したことで、また一段とレベルアップしていくだろう。

 宮崎商の選抜出場が決まると、練習から応援してくれる地元の“ファン”が日に日に増えた。橋口監督も「アルプスに宮崎から12時間かけて見にきてくださった多くの方がいました。地元の期待は大きかったのかなと思います」と感謝の思いを口にした。

 また夏に向けて、宮崎商の新しい戦いは始まる。指揮官は1988年生まれの32歳。プロ野球界では楽天・田中将大投手、巨人・坂本勇人内野手らと同い年。“マー君世代”の甲子園出場監督となった。

「テレビでしか見れないようなすごい人たちです。間違いなく彼らの活躍は刺激は受けていますね」。

 自分がその世代の野球人であることが、おこがましいと言わんばかりに、控えめだ。同世代の指導者が集まるグループLINEがあり、橋口監督もメンバーになっているのだが、発言したことはないという。ただ、指導者として甲子園の地を踏んだ実績は誇れる勲章だ。胸に刻んで新しい指導が始まる。

 春1勝はならなかった。だが、それぞれが少しの自信と未来への期待を故郷へ持ち帰った。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)