OP戦は打率.163、シーズン通した活躍期待「1軍に食らいついて」

 プロ3年目の完全覚醒が期待されるロッテの藤原恭大外野手。26日にソフトバンクとの開幕戦が迫る中、敵地のPayPayドームで最終盤の調整に余念がない。鬼気迫る表情でスイングする姿に「金曜1軍で出れますように! やっぱりイケメンだなぁ」「左足の内転筋が最高です」などと期待の声が寄せられている。

 球団公式ツイッターが「真剣な表情でティーバッティングをする #藤原恭大選手」とのメッセージを添えてトス打撃の様子を公開。打球音を響かせながら、懸命にバットを振り続ける姿が切り取られている。オープン戦では13試合で打率.163と結果は残せなかっただけに、開幕前に少しでも兆しを掴みたいところだろう。

 昨季終盤に存在感を放ち、ファンの期待も大きくなるばかり。「頑張れ藤原くん!! 1軍に食らいついていくんだよ」「カッコいい藤原」「萌え」などとエールのコメントが寄せられていた。(Full-Count編集部)