プロ初勝利を目指す、日本ハム・加藤貴之と投げ合う

 楽天の高田萌生投手が27日の日本ハムとの開幕第2戦(楽天生命パーク)で移籍後初登板初先発に臨む。右ヒラメ筋損傷で戦線離脱した田中将大投手の代役として、プロ初勝利を目指す。日本野球機構(NPB)が27日の予告先発を発表し、高田萌は日本ハム・加藤貴之投手と投げ合う。

 当初、田中将が27日の開幕2戦目で日本復帰戦に臨む予定だった。しかし、球団は右腕が25日に仙台市内の病院で「右ヒラメ筋損傷」と診断されたと発表。試合復帰まで3週を要する見込みとなり、昨季途中に巨人からトレード加入した22歳右腕が先発登板することになった。

 巨人では通算3試合登板、0勝1敗、防御率11.57。昨季はイースタン10試合登板し、4勝1敗、防御率5.66だった。(Full-Count編集部)