6回を投げて89球、3安打1失点と好投も同点のまま降板

■パドレス 3ー1 ジャイアンツ(日本時間7日・サンディエゴ)

 パドレスのダルビッシュ有投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのジャイアンツ戦に先発し、6回3安打1失点と好投した。同点のまま降板したため、今季初白星はお預け。それでも、試合後、ダルビッシュは「今年はとにかくチームが勝てばOKと思っている。毎回チームが勝つことに全力を注いでいきたい」とチームの勝利を喜んでいた。

 今季2度目の先発マウンドに上がったダルビッシュ。初回、先頭のヤストレムスキーから空振り三振を奪うと、ディッカーソンも空振り三振に。2回はベルト、ポージーを見逃し三振に仕留めた。3回に先頭クロフォードにソロ本塁打を浴びて先制点を献上したが、この回も2つの三振を奪った。6回まで許した安打は3本だけ。7つの三振を奪い、1失点に抑える好投だった。

 同点のまま降板となり、ダルビッシュの移籍後初勝利はまたもお預けに。ただ、パドレスは7回に右腕とバッテリーを組むカラティニが右翼スタンドへの2ランを放って勝ち越しに成功して勝利。ダルビッシュは「全体的に調子はまだ完全とは言えないですけど、粘り強く精神的に安定して投げることできた。とにかくマウンド上では、ネガティブな考えも浮かんでくるけど、1球1球、それを押し殺して鼓舞して投げました」と振り返っていた。(Full-Count編集部)