二盗を試みたロッテ藤原に“高速タッチ”してアウトにしている

■ロッテ 6ー2 西武(10日・ZOZOマリン)
 
 昨年まで3年連続ゴールデングラブ賞を受賞するなど球界きっての名手として知られる西武・源田壮亮内野手が10日のロッテ戦(ZOZOマリン)で“神技タッチ”を披露。ファンは驚きの声を寄せている。

 2回2死一塁の場面で、一塁走者のロッテ藤原が二盗を敢行。塁審は「セーフ」と判定した。しかし、リプレー検証の結果、判定は覆ってアウトに。スライディングした藤原の左足が二塁ベースに到達するよりも早く、源田は藤原の左肩付近をタッチしていた。

「パーソル パ・リーグTV」が公式YouTubeに「“捕球からタッチまで0秒”源田壮亮の『神技タッチ』が“たまらんの極み”」として、このシーンを投稿すると、ファンは反応。「ボールの勢いを利用したタッチはまさに巧みの技だな」「ボールを捕る前に肩にタッチしにいってるな。状況判断が凄すぎる」「もはやタッチではない……」「捕った瞬間=タッチなんてズルいズルすぎる」「ボールを捕りにいかないという、まさにプロのお手本ですね」「恐ろしく速いタッチ」などの声が寄せられている。(Full-Count編集部)