10日の阪神戦は0-4完敗、7回無死一、二塁の好機を逃す

■阪神 4-0 DeNA(10日・横浜)

 セ・リーグ最下位に低迷するDeNAは10日に本拠地・横浜スタジアムで行われた阪神戦に0-4で敗れた。コロナ禍で出遅れていたネフタリ・ソト内野手、タイラー・オースティン外野手の両主砲が11日から出場可能となるが、果たして起爆剤になるか。

 皮肉なものだ。この日の試合開始前の時点でDeNAはチーム打率がリーグトップの.264。対照的にチーム防御率はリーグワーストで唯一の5点台(5.05)だった。低迷の要因は明らかに投手陣にある。ところが、投手が抑えた時には打線が沈黙してしまう。

 先発の上茶谷大河投手は7回5安打1失点の快投だったが、この日の打線にはその1点が遠い。7回には無死一、二塁としたものの、ここで神里が送りバントを失敗。フィールディングに不安のある投手・青柳に捕らせれば成功の確率が高かったが、強肩の捕手・梅野の目の前に転がり三塁封殺され、この試合唯一といえるチャンスを潰した。

 三浦大輔監督は「送るべきところで送れなかった。難しいシチュエーションではあったが、決めてほしかった」と苦言を呈した。投手陣が安定しない上、打線も安打は出ても長打と繋がりに欠け、なかなか勝機を見いだせない。

ソト&オースティンは「状態次第でいろんな可能性」と三浦監督

 三浦監督は翌11日の同カードの試合前練習にソトとオースティンを呼び、状態を確認することを明言した。「スタメンで使うのか、途中からなのか、あるいは出場選手登録も見送るか……状態次第でいろんな可能性がある」と語った。2人は3月27日に来日し、2週間の隔離期間を終えたが、球団関係者には「実戦感覚から遠ざかっていることだし、幸い打線は現状でも比較的好調だから無理に復帰を急がせる必要はない」との声もある。

 本音をいえば、チームが現在戦列復帰を渇望しているのは中継ぎで昨季リーグ2位の56試合に登板した最速160キロ左腕エドウィン・エスコバーであり、エースの今永昇太、プロ1年目の2018年に11勝を挙げた実績がある東克樹だろう。

 エスコバーは来日が今月3日までずれ込んだため隔離期間がもう1週間残っている。昨年10月に左肩を手術した今永は3月31日のイースタン・巨人戦で今季初の実戦登板。先発して2回2安打無失点の上々の出来で、5月の1軍復帰を目指している。昨年2月にトミー・ジョン手術に踏み切った東は慎重に復帰へのステップを踏んでいるところだ。

 さらに、2日前の8日に先発した平良拳太郎投手が、右肘の張りで抹消。監督就任1年目のハマの番長にとってはまだまだ、もどかしい状態が続く。当面は大砲2人を早期合流させ、5点取られたら6点取り返す態勢をつくるのが得策か……。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)