敵地パイレーツ戦で7回6奪三振1四球3安打1失点、最速155キロ

■パドレス 6ー2 パイレーツ(日本時間13日・ピッツバーグ)

 パドレスのダルビッシュ有投手は12日(日本時間13日)、敵地のパイレーツ戦で移籍後初勝利を挙げた。今季最長の7回を投げ、6奪三振1四球3安打1失点と好投した。今季3度目の登板で初勝利となった。最速は96.2マイル(約154.8キロ)、防御率3.06。チームは6-2で4連勝を飾った。

 安定感のある投球だった。ダルビッシュは初回を内野ゴロ3つ、10球で3者凡退に抑えた。2回2死二塁はファウラーを空振り三振。1点リードの3回2死二塁からエバンズの左翼線適時二塁打で同点に追いつかれたものの、4、5回と2イニング連続で3者凡退に抑えた。

 3点リードした6回は2死からレイノルズに四球を与えたものの、続くモランを左飛に。7回は3人で片付けた。8回の打席で代打を送られて降板。2試合連続のクオリティスタートを達成した。95球を投げてストライク63球と制球にまとまりがあった。

 今季3度目の登板で待望の今季初勝利となった。エースの力投に、ティングラー監督は「(勝敗に関わる)大きいものだった。昨日の試合で我々はモレホンを(怪我で)1回に降板させなければならなかった。そのため我々は救援陣の駒が不足していた。そしてユウが7回を投げてくれたことは、間違いなく我々にとって大きなことだ。彼ら(パドレス打線)は(今日の試合で登板できる救援投手陣の)数が不足しているのはわかっていたし、ダルビッシュのために懸命に得点を奪った。彼は勝利を手にするに値した」と称えた。

 尻上がりに調子を上げていった頼もしい姿には「試合が進むにつれて彼はキレが増していった。力強さも増していった。彼は試合を通じて思い通りに投げていた」と大きくうなずいた。3度目の正直でつかんだ新天地での初白星は、チームにとっても大きな1勝となった。(Full-Count編集部)