現在セ・リーグで首位に立つ阪神で奮闘する佐藤輝と中野

 ペナントレース開幕からまもなく1か月ほどが経つプロ野球。セ・リーグでは阪神がスタートダッシュに成功し、15勝4敗の貯金11で首位を走り。パ・リーグはソフトバンク、楽天、西武の3球団が首位を争う展開となっている。

 開幕から熱戦が続く2021年シーズンだが、各球団のルーキーたちの働きも見逃せない、例年以上に各球団でルーキーたちが大きな戦力となり、チームに貢献している。そこで、特に存在感が際立つ新人11人をピックアップしてみよう。

【阪神】佐藤輝明内野手、中野拓夢内野手、伊藤将司投手

 ここまで首位を走る阪神。18日の阪神戦に勝利して7連勝とし、2位の巨人に3ゲーム差をつける。好調なチームに貢献しているのが、佐藤輝、中野の2人の野手。開幕前から大砲として期待を集めた佐藤輝はここまでリーグ3位の5本塁打。打率は.214と高くなく、三振もリーグワーストの30個と確実性という面では苦戦しているものの、驚異的なパンチ力を誇る。

 また、この連勝期間中にいい働きを見せているのが中野だ。遊撃のスタメンとして連勝した7試合中6試合でスタメン出場。その全てで安打を放ち、現在、打率.467と高いアベレージを残している。また、伊藤将は2試合に先発して1勝0敗、防御率2.25とこちらも好投を見せている。

広島のリリーフ陣を牽引する栗林、大道、森浦の3人

【広島】栗林良吏投手、大道温貴投手、森浦大輔投手

 阪神、巨人に次ぐセ・リーグで3位につける広島。チーム防御率2.95はリーグ4位ながら、救援防御率2.21はリーグ2位と好成績を残す。このリリーフ陣を牽引しているのが、栗林、大道、森浦の新人トリオだ。

 栗林はここまで9試合に投げてリーグトップの6セーブ。大道も7試合に登板して2勝2ホールドと大活躍を見せ、共にまだ無失点と好成績を残す。森浦も7試合に登板して1敗5ホールド、防御率1.50としている。

【DeNA】牧秀悟内野手

 現在8連敗中と苦戦の続くDeNAで気を吐いているのが、ドラフト2位ルーキーの牧だ。ここまで打率.333はリーグ3位、6本塁打はリーグ2位、そして18打点はリーグトップと、驚異的な成績を残している。得点圏打率.421と勝負強さも発揮しており、DeNA打線に欠かせない存在となっている。

パ・リーグでは楽天・早川、ロッテ・鈴木、日本ハム・伊藤の働き光る

【楽天】早川隆久投手

 早大から4球団競合の末に楽天入りした左腕は、その前評判に違わぬ活躍を見せている。ここまで4試合に先発して2勝2敗、防御率2.10。25回2/3を投げて25三振を奪う一方で、与えた四球はわずかに3つ。コントロールの良さを発揮し、首位を争う楽天の先発ローテをしっかりと担っている。

【西武】若林楽人外野手

 駒沢大からドラフト4位で入団した若林。4月6日の楽天戦からスタメンの座を掴むと、同9日のロッテ戦からは1番に座る。ここまで16試合に出場して打率.300、1本塁打4打点と結果を残し、リーグトップの7盗塁をマークしている。長らく固まらなかった“山賊打線”のリードオフマンとして、ここまで機能している。

【ロッテ】鈴木昭汰投手

 ドラフト1位で法大から入団した左腕。開幕ローテ入りを果たすと、ここまで4試合に先発している。味方打線の援護に乏しく、プロ初勝利はまだあげられていないものの、好投を続けている。防御率2.35の好成績を残し、奪三振率は10.57。今後もローテを担う存在として期待される。

【日本ハム】伊藤大海投手

 ドラフト1位で苫小牧駒大から入団した右腕。ここまで3試合に先発して防御率2.37と好投しているものの、味方の援護に恵まれずに0勝2敗と、ロッテの鈴木と共にプロ初勝利には手が届いていない。ただ、ここまでリーグ3位となる28三振を奪っており、奪三振率13.26はリーグダントツ。ポテンシャルの高さを感じさせている。(Full-Count編集部)