オリ太田の三遊間のゴロをさばき二塁に送球して封殺

■オリックス 4ー2 西武(21日・京セラドーム)

 西武の源田壮亮内野手が21日のオリックス戦(京セラドーム)で華麗な守備を披露した。三遊間のゴロをさばくと二塁に素早く送球して一塁走者を封殺。軽快な身のこなしにファンからは「うめぇ…それだけ」などと称賛の声が相次いでいる。

 2-2で迎えた7回1死一塁で、オリックス太田が放った打球は高いバウンドの三遊間寄りのゴロ。これを捕球した源田が素早く二塁に送球。一塁走者の伏見を封殺した。

 この直後に宗の2ランが飛び出して西武は2-4で敗れたが「パーソル パ・リーグTV」は「【猛打賞】源田壮亮『攻守でたまらん』【華麗守備】」として動画を投稿。山本由伸投手から3安打を放った打撃と美技にファンは「いつ握り変えてんねんってくらい早い」「毎日、たまらんなぁ〜」「今日はもうこれで十分だ」「守備範囲どんだけあるんですか」「うめぇ…それだけ」「安定すぎる」などと声を寄せている。(Full-Count編集部)