DeNA牧はリーグ8位の打率.289、3年目根尾は4日にプロ初アーチ

 プロ野球が開幕して6週間が過ぎた。各球団とも30試合以上、レギュラーシーズンの約4分の1を戦い、コロナ禍で来日がままならなかった外国人も合流し、今季の戦力がほぼ出そろった頃だろう。今季は新戦力の台頭が顕著で球界を盛り上げている。ここではセ・リーグの新人王有資格者のここまでの活躍を振り返る。(記録はすべて5月5日時点)

 首位を走る阪神ではドラフト1位ルーキー、佐藤輝明内野手(近大)が評判通りの働きを見せている。32試合に出場して打率.263(118打数31安打)、9本塁打はリーグ2位で25打点はリーグトップタイ。タイトル争いにも割って入ってきそうな勢いだ。

 阪神ではドラフト6位の中野拓夢内野手(三菱自動車岡崎)が健闘している。25試合に出場して打率.344、3盗塁。二塁もしくは遊撃手として貴重な働きをしている。

 投手ではドラフト2位の左腕伊藤将司(JR東日本)がここまで3試合に登板して2勝0敗防御率1.71。4月24日のDeNA戦では新人一番乗りの完投勝利を飾った。

広島のドラ1・栗林は開幕から圧倒的なパフォーマンスで14試合連続無失点の新人記録をマーク

 広島ではドラフト1位栗林良吏投手(トヨタ自動車)が獅子奮迅の働き。開幕から抑えを任され、14試合に登板して0勝0敗8セーブ、防御率0.00。デビューから14試合連続無失点の新人記録をマークし、8セーブはリーグトップタイだ。

 DeNAではドラフト2位牧秀悟内野手(中大)が35試合に出場し、低迷するチームにあって気を吐いている。打率.289はリーグ9位で、6本塁打とパンチ力も備える。

 ヤクルトでは4年目の右腕・金久保優斗投手が台頭している。4試合に登板して2勝0敗、防御率2.11。4月30日のDeNA戦では6回無失点の好投を見せた。東海大望洋高からドラフト5位で入団。トミー・ジョン手術を経て昨季1軍デビューした。2年目の奥川恭伸投手は4月8日の広島戦でプロ初勝利。今後の飛躍が期待される。

 中日では3年目の根尾昂内野手が主に左翼で26試合に出場。打率.182(77打数14安打)も、4日のDeNA戦(バンテリンドーム)でプロ初本塁打をマークした。今後数字を挙げていくか注目だ。

○主な新人王有資格者
【野手】※は規定打席到達
※佐藤輝明(阪神)32試合、打率.263、9本、25打点、2盗塁
※牧秀悟(DeNA)35試合、打率,289、6本、23打点、0盗塁
中野拓夢(阪神)25試合、打率.344、1本、8打点、3盗塁
根尾昂(中日)26試合、打率.182、1本、11打点、0盗塁

【投手】
栗林良吏(広島)14試合0勝0敗8S、14回21奪三振、防御率0.00
森浦大輔(広島)11試合0勝0敗0S、5H、8回1/3、4奪三振、防御率4.32
大道温貴(広島)12試合2勝0敗0S、8H、11回2/3、9奪三振、防御率3.09
伊藤将司(阪神)3試合2勝0敗、21回13奪三振、防御率1.71
金久保優斗(ヤクルト)4試合2勝0敗、21回1/3、17奪三振
奥川恭伸(ヤクルト)4試合1勝1敗、21回16奪三振、防御率6.00
阪口皓亮(DeNA)5試合1勝1敗、21回12奪三振、防御率4.29(Full-Count編集部)