公式YouTube「フルタの方程式」で五輪を経験した男たちが集結

 東京五輪で3大会ぶりに復帰する野球。その日本代表「侍ジャパン」の最終メンバー24人はどうなるのか。ヤクルトで活躍し、選手兼監督を務めた古田敦也氏は自身の公式YouTube「フルタの方程式」で【東京五輪代表選出会議】を投手編、野手編に分けて“発表”。ソウル五輪銀メダリストの古田氏が選んだ「外してほしくない投手」とは?

 人気チャンネルとなった「フルタの方程式」は今回も野球通にはたまらない豪華ゲストがズラリと並んだ。古田氏と元チームメートで北京五輪など2度のオリンピック、それも主将を経験した宮本慎也氏、3大会に出場した“ミスターアマチュア野球”こと元日本生命監督の杉浦正則氏が侍ジャパンメンバー選出会議を開催した。立命館大出身の古田氏は、同志社大出身の杉浦氏の3学年上で関西学生野球リーグの“先輩”で、対戦した縁もある。宮本氏は同志社大で杉浦氏の2学年後輩にあたる。

 学生時代からの関係性の深い3人にまずは「ドラフト1位」を指名した。古田氏がピックアップしたのは西武の160キロ右腕・平良海馬投手だった。野球は7月28日に開幕し、8月7日に決勝を行う短期決戦。フル回転が予想される救援陣は「全試合投げてもらうくらいの気持ちでやってもらいたいですし、夏なのでタフな投手でないといけない」と解説。10日のDeNA戦では開幕からの連続無失点試合を「31」に伸ばし、日本記録に並んだ右腕について「タフそうだし、ぶん投げる感じが、こういう短期決戦で見たい。躍動感がある」と期待を寄せた。

古田氏、先発の軸は山本由伸、田中将大、森下暢仁、早川隆久を選出

 ドラフト1位以降のメンバー選考はプロ野球解説者である古田氏と宮本氏が選出。古田氏は投手を12人、宮本氏は11人と数に差が出た。また先発の軸となる4選手と数は一緒で、ともにオリックス・山本由伸投手、楽天・田中将大投手、広島・森下暢仁投手の3選手を選んだが、古田氏は楽天・早川隆久投手、宮本氏は巨人・菅野智之投手を入れた。

 古田氏は先発も中継ぎも両方できる投手として、中日・柳裕也投手、日本ハム・上沢直之投手、ソフトバンク・石川柊太投手、阪神・青柳晃洋投手を選んだ。中継ぎには平良と売り出し中のオリックス・宮城大弥投手、抑えには楽天・松井裕樹投手と広島の栗林良吏投手を“招集”した。

 宮本氏は中継ぎの宮城、平良、抑えの2人は古田氏と同じで、加えて阪神の岩崎優投手、巨人・高橋優貴投手、中日の又吉克樹投手を選出した。2人とも迷いに迷ったというメンバーは中継ぎ、抑えについても細かい解説付きで紹介。五輪を経験した裏話もぎっしり詰まった50分となっている。(Full-Count編集部)