ヤンキースは球団史上初のシーズン2度の三重殺を完成させた

■ブルージェイズ ー ヤンキース(日本時間18日・バッファロー)

 普通の投ゴロでトリプルプレー? ヤンキースは17日(日本時間18日)、米ニューヨーク州バッファローで行われたブルージェイズ戦で一風変わったトリプルプレーを完成させた。どうやって三重殺になったのか。大リーグ公式ツイッターは動画を紹介している。

 初回無死二、三塁。ゲレーロJr.の打球は力のない投ゴロになった。だが、二塁走者・ビシェットがまずかった。二、三塁間に飛び出してしまい挟殺プレーに。三塁走者・セミエンが本塁を狙って走り出したところで、遊撃・トーレスが本塁送球。ヤンキース守備陣は三塁走者を挟殺プレーで2死を奪うと、さらに三塁を狙った二塁走者・ビシェットをタッチアウトとした。大リーグ公式サイトも「1-3-6-2-5-6のトリプルプレー?」と驚きを持って伝えた。

 ヤンキースは今季2度目のトリプルプレー。大リーグ公式サイトによると、シーズン2度の三重殺は球団史上初だという。MLB公式ツイッターにはファンから「ビシェットの走塁が酷い」「これは恥ずかしい……」「ブルージェイズは呪われている」「これは大惨事だ」「絶対的に悲惨だ」「恐らく自分が見た中で一番酷い走塁だ」「いやいやいや、なんだそりゃ」などとコメントされている。(Full-Count編集部)